カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 早産 >
  5. 胎児のいろいろな機能はまだ未完成!切迫早産を防ぐために注意したいこと

妊娠・出産

胎児のいろいろな機能はまだ未完成!切迫早産を防ぐために注意したいこと

切迫早産とは早産の恐れがある状態をいいますが、注意がより必要なのはどのような人でしょうか。リスクの高い人をまとめてみました。

 

切迫早産とは

切迫早産とは、妊娠22週以降37週未満で赤ちゃんが生まれそうになる状態をいいます。胎児の身体の機能が完成するのが妊娠37週のため、それより早く生まれることを早産といいます。

 

胎児の様々な機能が未完成なため、正期産に比べるとトラブルが起こる可能性がぐんと高くなります。

切迫早産とは、早産をしてしまいそうな状態のことで、子宮の収縮や子宮口の開きが見られるけれども、安静や治療によって早産を予防できる状態にあります。 

 

こんな人は注意

・子宮筋腫がある

・子宮頸管無力症といわれた

・子宮奇形である

・全治胎盤である

 

上記の項目に当てはまるものがある人は、早産に陥るリスクが高いとされています。子宮筋腫の場合は、筋腫のある位置や大きさが重要なカギとなります。

 

こういったリスクがある場合は医師への相談に頼るしかありませんが、まずは早期発見をするために定期的に健診をうけることが重要です。早産予防の第一歩は、検診をきちんと受けて経過をしっかり見守ることなのです。 

 

こんな人も要注意

・喫煙している

・一人目が早産

・ストレスが多い

・高齢である

・上の子がいる

・仕事がハードである

・初期に切迫流産になった

 

筋腫など目立ったリスクが見られないとはいえ、早産の原因は目に見えないところから来る場合もあります。上記に当てはまる人は、妊娠後期には出来るだけそういった要因を取り除くことを心がけましょう。

 

いつもと違うお腹の張りや痛み、出血やおりものの色の変化など自分でも分かる変化があった場合には、出来るだけ早く受診しましょう。

エコーでは赤ちゃんの様子の他にも、羊水の量など必要項目をチェックしています。

妊婦さんの状態によっては、子宮口の硬さなどをチェックすることもあります。医師へ的確に変化を伝えていくことが大切です。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●妊娠初期の特徴のひとつ「おりもの」の変化について

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

早産に関する記事

妊娠22週~37週未満に出産…早産を予防ためには

  早産とは、妊娠22週から37週未満に出産してしまうことをいいます。妊娠...

新生児集中治療室「NICU」に入る場合も…早産児が生まれたときの病院の対応

妊娠37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを早産と呼びます。赤ちゃんが健康面...

早産の体験談

子宮頸管が短くなっていく??シロッカー法で子宮経管を縛る手術

妊娠21週の頃の検診で子宮経管が短くなってきていると言われました。 それまで子宮経管という言葉すら...

妊娠28週で出産!!③ ~出産~

ステロイド注射から48時間経ちました。 お腹の子は、その日もグリグリ元気に動いていて一安心。 し...

カラダノートひろば

早産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る