カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 潔癖症 >
  4. 小さい子にもある不潔恐怖…改善は周りの大人次第です

メンタル

小さい子にもある不潔恐怖…改善は周りの大人次第です

 

「何回も何回も自分の手を洗っても、まだ汚れているような気がして、何回も洗った後でも手を繰り返し洗ってしまってそれをやめられない」という状況は人から見ると異常に思います。これはいわゆる潔癖症の不潔恐怖という症状です。

 

不潔恐怖という症状

不潔恐怖というのはあらゆるものが汚れているよう思えてしまって、全てのものがばい菌に汚染されているという観念で頭の中がいっぱいになってしまいます。上記の手洗いの繰り返しなどは他人から見てもやり過ぎですが、本人もやり過ぎであることは分かっています。しかし周囲から何を言っても、本人が理解してもこの観念を消すことはできません。

 

小さい子どもでも不潔恐怖を感じる

冒頭の症状を大人がしている想像をした人の方が多いかもしれません。しかし小学生や思春期の子ども、さらには保育園や幼稚園と言った幼児期の不潔恐怖というのもしばしば存在します。

 

なぜ幼い子が不潔恐怖に?

小さい子とはまだ免疫力が弱いですから、親が「手をきれいきれいしようね」などと清潔にするように教えていきます。そうして伝えるばい菌の恐ろしさや手洗いなどの大切さを子供が過大解釈してしまって、不潔恐怖の観念が心の中に広がってしまい、ひどくなると友達と普通に遊べなくなる場合があるのです。

 

「全部汚い!」と感じてしまう

不潔恐怖は自分が汚いと感じるだけでなく、他のものが汚いと感じることもあります。子どもが遊ぶものというと砂場や、ブランコジャングルジムなどの遊具があります。そうしたものやちょっとしたホコリみんなが使うトイレを過剰に不潔に感じてしまうと、まともに生活ができなくなってしまいます。

 

子どもの場合は治りやすい!

大人の場合観念を修正していくのに時間がかかりますが、子どもの場合は比較的簡単です。

親や周囲の人が、「これくらいならばい菌は怖くないよ」と間違った思い込みを修正していってあげればよいのです。子どもは柔軟性がありますから何度も教えてあげれば次第に消えていくのが普通のようです。

 

生活に支障が出てしまうと、子ども自身がかわいそうです。周りの大人が子どもに分かるように丁寧に教えて行ってあげましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/16-360939.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

潔癖症に関する記事

当てはまったら不潔恐怖症!?チェックしてみよう 不潔恐怖症によく見られる具体的な症状

  不潔恐怖とは不潔なものが怖い症状ですが、不潔の範囲は人によって異なります。 ...

潔癖症や汚れを気にしすぎる親が増えている?!近年の潔癖症増加の原因?

消毒用アルコールを常に持って歩いたり、ちょっとした汚れでもすぐに手洗いをしてし...


知っておこう 不潔恐怖と付き合うために大事な3つのこと

  不潔恐怖は潔癖症とも呼ばれており、不潔だと本人が思うものを過度に恐れる状態...

心当たりはない?潔癖症の自己診断!具体的な行動のチェックリスト

  多少の差はあれど、だれもが不潔・汚いものを不快に感じます。しかし潔癖症の人...

カラダノートひろば

潔癖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る