カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 疾病恐怖症 >
  5. 病気でないのに病気を疑う…疾病恐怖症って何?

メンタル

病気でないのに病気を疑う…疾病恐怖症って何?

 

閉所や暗所、先端や対人など、恐怖症と言われるものの対象は実に様々あります。中には人から「それのどこが怖いの?」と思われてしまうようなものもあります。

その恐怖症の中のひとつが疾病恐怖症です。

 

疾病恐怖症?

疾病恐怖症とは心気症や心気神経症、病気恐怖とも言われることがあります。自分の体は自分がよく分かっていますが、自分の体の中の病気の有無を隅から隅まで完全に分かっている人はいません。ですから、みんな自分の体の中に病気がある可能性を含んだまま生きているわけです。しかし健常者はその可能性を常日頃から考えて、気にしているわけではありません。一方で疾病恐怖の人はそうした病気の可能性を大きく考えてしまって、常に自分が病気なのではないかと不安になり恐怖感を持ってしまうのです。

 

こんな病気を疑う!

疾病恐怖では以下のような病気を疑うことが多いようです。

・ガン

・エイズ

・心臓病

・精神病

特にガンや心臓病などは日本においても死亡率の上位を占める疾患です。さらに心臓の疾患というのは直接死と結びつくイメージがあるということで、不安を抱きやすいということが言えます。

 

疑いが晴れても恐怖感が消えない!?

確かにこうした疾患が疑われるのであれば、自分が死んでしまうのではないかと疑って怖くなります。そうした恐怖感を抱くのは普通ですし、正常です。

しかしこうした疑いは病院できちんと検査してもらえばはっきりとわかります。もし病院で検査をしてもらって「何の異常もありません」となれば「そうか、よかった」でおしまいです。

しかし疾病恐怖の人の場合は検査を受けて病気の疑いが晴れた後も病気に対する恐怖感や疑念が消えないということに特徴があります。

 

体の中はいくら疑っても、自分で直接見ることができない分不安に思おうとすればいくらでも思えます。だからこそ歯止めが効かなくなるのでしょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/12/17-354842.php?category=403])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

疾病恐怖症に関する記事

二つの疾病恐怖の種類 健康な疾病恐怖とは?一過性の疾病恐怖の場合は?

  精神疾患の中に疾病恐怖症というものがあります。心気症とも言うこの疾患は、そ...

病気の疑いが消えない!疾病恐怖の患者の症状はどんなもの?

  恐怖症のひとつに疾病恐怖というものがあります。 その名前の通り、恐怖の対...


小さな症状は病気の前兆と思い込む?病気への恐怖が止まらない疾病恐怖症

  普通、ちょっとお腹が痛くても「昨日脂っこいものを食べすぎたからかなぁ」とい...

病気が怖い疾病恐怖…生活するうえでどんな問題が出てくるの?

  疾病恐怖は一般的な恐怖症とは違って、恐怖の対象が目の前になくても、恐怖を感じ...

カラダノートひろば

疾病恐怖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る