カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 疾病恐怖症 >
  5. 病気の疑いが消えない!疾病恐怖の患者の症状はどんなもの?

メンタル

病気の疑いが消えない!疾病恐怖の患者の症状はどんなもの?

 

恐怖症のひとつに疾病恐怖というものがあります。

その名前の通り、恐怖の対象が疾病に向かうものですが、実際に自分の体の中に疾病があるということではなく、「自分は病気かもしれない」と自分が病気にかかっている可能性に執着するのが特徴です。

 

 

疫病恐怖症…こんな症状が見られます!

・セカンドオピニオン・転院を繰り返す

疾病恐怖症の人は「自分が重い病気にかかっているのではないか」と疑います。

しかし実際これは病院でじっくり検査すれば分かることです。隅々まで検査してもらって「ああよかった」となるのが健常者ですが、この疾病恐怖の場合は、それでもなおその検査結果を疑います。

「医師の診断ミスではないか?」「医師が何か見落としているのではないか」「まだあまり知られていない病気なのではないか」などと疑い、セカンドオピニオンを何度も受けたり、転院を繰り返したりします

ほとんどの場合それでも疑念をぬぐえません。

 

・不潔恐怖症のような症状

不潔恐怖症の人は、「自分が汚れている」「自分の周りのものが汚れている」と疑い執拗に手を洗ったり、公共のものを触ることに不快感を覚えるなどします。これと同じように疾病恐怖においても病気になるのではないかという疑いから、ばい菌を殺さなければ病気を発症すると思い、アルコールを使って無菌状態を作り出そうとしたりします。

 

・対人恐怖症のような症状

不潔恐怖の考えの延長から他人との接触を避ける気持ちが強く働きます。他人がばい菌を持っている、病気をうつされるという考えから正常な対人関係を築くことが困難になり対人恐怖症のような症状あるいは、対人恐怖症になったりもします。

 

病気は疑い始めればきりがありません。自分の体を疑う延長には自分の周りの環境を疑うことや他人を疑うことになっていくため、次第に生活が苦しくなっていくのです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

疾病恐怖症に関する記事

疾病恐怖症と他の精神疾患は関係する?!うつ病などの精神疾患と併発することも

  病院に来る人というのは、程度の差はあれ自分の体に不調を感じている人です。し...

治療が困難?疑いが止まらない…疾病恐怖症の症状とは

ヘビースモーカーでお酒も大量に飲むという人が「自分の好きなことをして自分の体に...


はっきりと原因がわかっていない疾病恐怖症…疾病恐怖のきっかけになりやすい出来事、性格

  恐怖症の原因ははっきりとはわかっていませんが、もともとの性格特性に加えてスト...

二つの疾病恐怖の種類 健康な疾病恐怖とは?一過性の疾病恐怖の場合は?

  精神疾患の中に疾病恐怖症というものがあります。心気症とも言うこの疾患は、そ...

カラダノートひろば

疾病恐怖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る