カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 診察内容 >
  5. 婦人科検診のススメ。

女性のカラダの悩み

婦人科検診のススメ。

 

近年、ライフスタイルの変化に伴い乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気にかかる人が増えているそうです。
こういった病気は早期発見・早期治療がなにより大事。

「婦人科検診」では、一般の健康診断では調べてもらえないところも細かくカバーし、詳細な検査結果が得られます。

また、婦人科では医師と患者の1対1でのカウンセリングも重視しているので、気になる症状や病気の改善策も気兼ねなく質問できます。

これからの毎日を安心して楽しく過ごすためにも、是非一度、婦人科検診を受けてみてください。


婦人科検診の概要 ◆

一般の健康診断で行われる身体測定や血液検査に加え、以下のような検査を行います。

子宮頸がん検診
 子宮頸部を小さなヘラやブラシでこすり、粘膜を採取。
 細胞を顕微鏡で観察し、がん細胞の有無を調べる。
 近頃では20代後半から30代にかけての発症率が増加している。

子宮体がん検診
 子宮内にチューブを挿入して子宮内膜の細胞を採取し、顕微鏡で観察。
 閉経前後の50代から60代の女性に多く発症します。
 生理不順、閉経前後、妊娠出産経験が少ない、生活習慣病があるといった

 人は積極的に検診を。

乳がん検診
 視触診、超音波検査、マンモグラフィ(X線)検査を組み合わせると

 高精度な結果が得られる。
 マンモグラフィではしこりになる前の石灰化の有無もわかり、乳がんの

 早期発見に必須。
 乳がんの危険性がたかまる30歳以上が対象。

女性ホルモン検査
 採血による血液検査でエストロゲンなどの女性ホルモンの値を調べる。
 女性ホルモンの値が低いと卵巣機能の低下が疑われ、無排卵、無月経、

 月経異常、不妊、更年期などの可能性がでてくる。


痛みや出血などの症状があるときは、必要な検査に対しては健康保険が適用されます。
症状のない場合は自費での検診となりますが、大きな病気に発展する前に積極的に検診を受けておきましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/10/16-351705.php?category=34)

著者: 桜井さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

診察内容に関する記事

頻発月経や続発性無月経…受診が必要な月経不順の症状は?

  月経周期は個人差があり、その時の忙しさやストレス、食生活といった生活環境で...

子宮内膜症の診察

  子宮内膜症は多くの女性がかかる可能性のある病気です。症状としては生理痛がひ...


まずは病院へ~更年期障害の診察と治療内容

  更年期障害の治療には、さまざまなアプローチがあります。婦人科で受けられ...

女性なら知っておきたい乳がん診察の流れ~早期発見のために

  乳がんは早期発見が重要と言われます。それは乳がんは進行していくほどに、生存...

カラダノートひろば

診察内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る