カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 早産 >
  5. おりものの様子に注意!早産を引き起こす感染症かも?

妊娠・出産

おりものの様子に注意!早産を引き起こす感染症かも?

妊娠中は色々なリスクがつきものです。その中の一つに早産があります。早産とは、妊娠22週以降37週未満に赤ちゃんが生まれてしまうことをいい、その早産を引き起こしそうになっている状態を切迫早産と呼びます。

 

妊娠37週以降の、赤ちゃんが生まれても良い期間のことを正産期と呼びますが、それ以前はまだ赤ちゃんの身体のあらゆる機能は未発達なので、様々な障害のリスクが高くなってしまいます。

ここでは、早産の原因などについて見ていきたいと思います。

 

感染症が早産を引き起こすこともある

早産の原因は様々です。子宮筋腫等から切迫早産になる人もいますが、ハードな仕事から来るストレスで切迫早産になってしまう人もいます。

 

また、多くはありませんが感染症から早産になるケースもあります。感染による膣内の炎症が子宮の奥に向かって進むと、やがては絨毛膜羊膜炎になってしまいます。

そんな時に細菌を攻撃する白血球が子宮頸管のタンパク質も分解してしまうため、子宮口がやわらかくなり、内側から開いたり破水しやすくなってしまいます。

炎症を起こす物質は子宮収縮を起こしやすくしてしまうため、早産へ向かってしまうのです。 

 

おりものの変化に要注意

感染症にかかってしまった場合には、患者さんに合った治療を出来るだけ早期に開始することが早産の予防につながります。

 

膣内に細菌が繁殖した場合、大抵おりものの色におい、状態に変化が生じます。普段から自分のおりものの様子に注意を向けるようにして、早期発見を目指しましょう。

 

感染症から早産に陥ってしまう場合には、感染症を出来るだけ早くに発見し、治療することがポイントとなります。赤ちゃんが適切な期間までお腹の中で安心していられるように、ママがトイレの際にセルフチェックをすることが大切ですね。

 

 (Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

早産に関する記事

早産しやすい人がいる?早産を予防するには?早産の原因・障害リスク

早産や流産を過去に経験したことのある方は、次の妊娠時に大きな不安感じているこ...

新生児集中治療室「NICU」に入る場合も…早産児が生まれたときの病院の対応

妊娠37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを早産と呼びます。赤ちゃんが健康面...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

早産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る