カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 早産 >
  5. 早産しやすい人がいる?早産を予防するには?早産の原因・障害リスク

妊娠・出産

早産しやすい人がいる?早産を予防するには?早産の原因・障害リスク

早産や流産を過去に経験したことのある方は、次の妊娠時に大きな不安感じていることもあるのではないでしょうか。

 

早産は誰にでも起こるものではありませんが、珍しいことでもないようです。どういったことに注意すれば、早産を予防することができるのでしょうか?

 

早産とは

早産とは、妊娠22週目~37週未満での出産を指します。

37週目以降は「正規産」と呼ばれ、早産には当てはまりません。

 

早く生まれてしまうことで、赤ちゃんに低体重や発達不全が見られることもあり、経過観察が必要となります。

 

早産と勘違いされやすい状態の中に、流産があります。

流産は、22週以前に妊娠が中断してしまうことを指します。

 

そして早産と流産の一番の違いは、赤ちゃんが母体から出てきた時の生存率です。

同じ22週目でも、少しの差が赤ちゃんの命に大きな影響を与えるのです。

 

早産になる原因って?

早産が起こる原因は、非常にたくさんあります。

よく知られている原因としては、妊娠中の喫煙・アルコール摂取・激しい運動・重い荷物を持つなどがあります。

 

これらのことは、どんなに健康な母体を持つ人でも、妊娠中に続けてしまうと早産を引き起こす可能性が高まるといえます。

 

その他の原因としては、女性特有の病気(子宮筋腫・卵巣嚢腫など)を妊娠前から発症している場合や、合併症・多胎妊娠・感染症・妊娠中毒症・体重管理ができていないなども原因になると考えられています。

 

こういったことに心当たりのある妊婦さんは、早産の心配があることを医師に伝えましょう。

定期的に検診を受けることで、不安を膨らまさないように気を付けたいですね。 

 

早産を起こしやすい人がいる?

早産を起こしやすいといわれる人は、実際にいるようです。

その理由は様々ですが、どういった人が早産を起こしやすいとされているのでしょうか。

 

次のようなことに当てはまる方は、注意が必要なようです。

 

・18歳未満40歳以上

・子宮頸管無力症

・妊娠中毒症

・体重管理ができていない

・妊婦管理ができていない

・激しい肉体労働を日常的に行っている

・配偶者からの虐待がある

・喫煙者

・アルコールを毎日摂取する

・過去に中絶経験がある

・過去に「早産」の経験がある

・胎児に異常がある

 

その他、子宮やその他の臓器に異常がある場合も、早産を起こす可能性があるといわれています。

 

生活環境などやむを得ない事情によって、上記のケースに当てはまることもあるでしょう。

そういったことも含めて医師に相談し、妊婦としてしっかり自分の身体と赤ちゃんの命に向き合うことが大切といえそうですね。

 

早産児の障害リスク

妊娠37週を境に、赤ちゃんが成長して様々な機能が生まれてくる準備を完了します。

それ以前に生まれてしまうと、健康面でリスクが高くなります。

 

小さく生まれた赤ちゃんには、どんなリスクが伴うのでしょうか?

 

低出生体重児

出生体重が2500g未満の赤ちゃんを、低出生体重児と呼びます。

 

そのなかで、1500g未満の赤ちゃんを極低出生体重児(ごくていしゅっせいたいじゅうじ)、1000g未満の赤ちゃんを超低出生体重児とよびます。

 

生まれたときの体重が小さいほど、健康面でのリスクは高くなります。

 

合併症を起こしやすい

小さく早く生まれてしまった赤ちゃんは、身体のさまざまな機能が未熟なため、いろいろな合併症を起こしやすくなります。

 

新生児仮死・呼吸窮迫(こきゅうきゅうはく)症候群・動脈管開存(かいぞん)症・低血糖・電解質異常などが、生後数日間のうちに起こりやすいものです。

 

それを乗り越えた後も、生後数週間にかけては慢性肺疾患・無呼吸発作・貧血・黄疸(おうだん)などの心配がつづきます。

免疫が弱いため、重度の感染症にかかりやすいというのも特徴です。

 

特に低出生体重児のなかでも2000g以下の赤ちゃんが、こういったリスクにさらされることになります。

 

現在では、小さな赤ちゃんの救出率はきわめて高くなりましたが、それでも体重が小さいほどリスクが大きいのは変わりません。

 

できるだけ長い期間、お腹の中でいられるようにしてあげたいですね。

 

発育の過程

早産で生まれた赤ちゃんは、通常どおり満期で生まれた赤ちゃんに比べると、しばらくは身長・体重が小さいままで経過しますが、3歳を過ぎたころから徐々に追いついてきます。

 

おすわりや一人歩きなどの運動の発達も、予定日からの月例で評価する必要がありますが、超低出生体重児の場合はそこからさらに2~3か月遅れていくのが通常です。

 

超低出生体重児の場合には、約13%に脳性麻痺、約20%に精神遅滞がみられるといわれます。

 

また、注意欠陥多動性障害や学習障害、聴力障害なども、成熟児と比べて多くなる傾向があるようです。

 

早産を予防する3つのポイント

妊娠中のさまざまなトラブルの中でも、早産はもっとも心配なトラブルに分類されるでしょう。

早産してしまうと最悪の場合、赤ちゃんが死んでしまうこともあるからです。

 

そうでなくとも早産は、赤ちゃんの一生に影響するような重篤な副作用が残ることもあります。

妊婦であれば、早産の危険性と予防法は押さえておきたいですね。

 

1.冷えに注意

早産になりやすい妊婦さんの特徴として、体が冷えている・冷え性などが挙げられます。

早産を避けるためには、まず冷えを避けることと記憶しておいてください。

 

妊娠中は、いくら暑くてもかき氷などだけで過ごさず、飲み物は常温にして飲んでください。

また、靴下などを履いて過ごすのも有効です。

 

暑い時期にはかぶれを防ぐのも重要ですが、意外と気づかない体の冷えにも注意が必要です。

 

2.ストレスの管理

なかなか現代社会では難しいかもしれませんが、ストレス管理は早産を予防する大事なポイントとなります。

 

日常生活でストレスを抱えていると早産しやすいようなので、ストレス・疲労をためないを意識しましょう。

 

休みの日はしっかり休む、仕事は仕事といったん区切りをつけるなど、メリハリのきいた生活を意識するとよいでしょう。 

 

3.お腹の張りに注意

早産の兆候を見てみると、お腹の張り・痛み・背中の痛みなどが中心です。

早産の前にはお腹が張ったという妊婦さんが多いので、不必要にお腹が張らないように注意してください。

 

背伸びは、お腹をぎゅーっと伸ばしてしまうので避けましょう。

高い場所のものを取れるように、踏み台などを用意しておいてもよいかもしれません。

 

また、立ちっぱなしにも注意です。

長時間立ち続けていると、お腹に力が入り子宮が収縮しやすくなります。

 

重いものを持った時にもお腹に力が入り、張りを助長させてしまうので、重いものは持たないようにしましょう。

 

妊娠中の生活を見直してみよう

早産を予防するためには、まず冷えを取ること、そして適切なストレス管理とお腹の張りを助長する動きをしないことが大切です。

 

妊娠生活の中で、ちょっと注意するだけで防げるものもあったのではないでしょうか。

あまり神経質になりすぎるのもストレスになってしまいますが、いま一度、自分の生活を見直してみませんか?

 

切迫早産と診断されたら…

早産の一歩手前の状態を、切迫早産と呼びます。

切迫早産の原因も、早産と同じといわれます。

 

妊娠中の当てはまる周期に、出血やお腹の張り、痛みなどが出た場合急いで病院へ行きましょう。

適切な処置を受けることで、早産をくい止めることができます。

 

そして、一度でも切迫早産を経験された方は、これまで以上に穏やかで静かな生活を送る必要があるといえます。

 

早産には、強いストレスやショックが原因となる場合もあります。

早産が心配でも、一人で悩み過ぎて不安を抱え込まないように気を付けましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: munpuriさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

早産に関する記事

「早産」が心配…知っておきたい「早産」の兆候とよく見られる症状

  妊娠をしてから出産するまで、心配なことや不安なことが多いですよね。 ...

赤ちゃんが入っている袋の炎症?切迫早産の原因「絨毛膜羊膜炎」

妊娠22週から37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを早産と呼びます。この...

早産の体験談

子宮頸管が短くなっていく??シロッカー法で子宮経管を縛る手術

妊娠21週の頃の検診で子宮経管が短くなってきていると言われました。 それまで子宮経管という言葉すら...

妊娠28週で出産!!③ ~出産~

ステロイド注射から48時間経ちました。 お腹の子は、その日もグリグリ元気に動いていて一安心。 し...

カラダノートひろば

早産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る