カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 強迫性障害 >
  4. 確認作業が止められない!確認障害の治療法とは?~薬物治療と認知行動療法~

メンタル

確認作業が止められない!確認障害の治療法とは?~薬物治療と認知行動療法~

 

「あれ、家の鍵かけたっけ?」と思っても、もう家から遠く離れてしまっていたり、戻れない状況だったりすれば、不安ながらも「大丈夫かな」と思って過ごしてしまうことは多いと思います。

しかし、それができないのが確認障害という症状で、これは強迫性障害の中のひとつの症状です。

 

確認障害とは?

玄関の鍵の例に代表されるように何度も何度も不安に駆られて繰り返し確認をしてしまうのが確認障害です。この確認行為はしばしばそれに膨大な時間がつぎ込まれ、外出が困難になったり、生活に支障が出たりします。

 

原因は脳の中に

こうした確認障害と言った症状が出る原因は脳内の特定部位の障害や脳内神経伝達物質のセロトニンの機能異常によっておこるものとされています。

セロトニンは脳内情報を伝達する役割がありますが、確認障害を生じている場合、神経細胞から放出されるセロトニンの働きに何らかのトラブルが生じていて、安全の確認などといった情報伝達が十分に行われなくなっているものと考えられます。

 

薬物治療で治療!

脳内物質が原因となれば、まず出てくるのは薬物治療による症状改善です。

使用される薬剤はセロトニンの調整をする働きを持つもので、抗うつ薬のSSRIに代表されます。

症状によって選択される薬剤は若干異なりますが、基本は抗うつ薬で、それに併せて抗不安薬や抗精神病薬を服用することもあります。

 

認知行動療法で治療!

薬物療法に併せて認知行動療法を行うことが一般的です。

こちらの方が治療の効果が高いとされています。確認障害に対する認知行動療法は暴露反応防御法が一般的で、患者さんにあえて問題となっている場面に直面させて刺激を与え、それに耐えられるようになっていくという治療です。

荒療治のようですが、そうした場面と、不合理な行動との結びつきを弱くさせていくことで、本人の根本的な不安が徐々に薄れていくため根本的に治療ができます。

 

治療にはある程度の器官が必要ですので、本人もその家族も気長に治療を続けていくことが重要です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/07/24-005609.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

強迫性障害に関する記事

ALS治療薬リルテックが、難治性強迫性障害の症状を35%改善(海外の小規模試験より)

ALS治療への有効性が認められている薬のひとつに、「リルテック」という神経細...

遺伝の可能性はゼロではない!強迫性障害が遺伝する可能性はどれくらい?

  うつや不安障害といった精神科分野の病気は、ストレスなどによってかかるものと...


我慢する治療法!強迫性障害の治療に使われる精神療法「曝露(ばくろ)反応妨害法」

  小さなことが気になって仕方がない、無駄だと思っていることを何度も繰り返して...

漢方薬「抑肝散」は、メマリーを弱くした薬?グルタミン酸輸送体を活性化させ鎮静作用を発揮する

抑肝散(よくかんさん)とは、7種類の生薬を配合した漢方薬で、元来小児用の鎮静...

カラダノートひろば

強迫性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る