カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 先端恐怖症 >
  4. 先端恐怖症…どんなものに対してどんな症状が出るの?

メンタル

先端恐怖症…どんなものに対してどんな症状が出るの?

 

人が恐怖を感じる対象は人によって違いますが、健常者の場合本当にそれが自分の生命を脅かす可能性のある恐怖の対象であることがほとんどです。

しかし、恐怖症となると本当はそれが自分の生命を脅かすものではないのに恐怖を感じてしまうということになります。

 

先端恐怖症とは

恐怖症には様々な恐怖症があります。その中のひとつが先端恐怖症という恐怖症です。これは文字通りでイメージしやすい恐怖症で、先がとがったものに対して強い恐怖を感じます。

 

具体的にどんなものに恐怖を感じるのか

先端恐怖症では具体的に以下のようなものに対して恐怖を感じます。

・針

・鉛筆の先

・箸の先

・注射器

・傘の先

・刃物

・アイスピック

・髪の毛

・人の指

・爪楊枝

・ペン

・車のワイパー

程度の差がありますし、先端恐怖症の人が全員これらのすべてに対して恐怖を感じるわけではないのですが、こうした様々な尖ったものに対して恐怖を覚えます。

日常生活の中にあるものばかりですし、これら以外にも日常生活の中には先がとがったものがたくさんありますから、生活する上でも苦労がたくさんあることが想像できます。

 

どんな症状が出るの?

恐怖の対象も様々なら症状も様々です。多くはこうした先のとがったものがつきつけられ、それを意識することによって症状が出ます

・強い不安感を生じる

・強い不快感を生じる

・めまいがする

・イライラする

・動悸が激しくなる

・お腹が痛くなる

・頭が痛くなる

・熱が出る

・見るだけで人を傷つけてしまうのではないかと考えてしまう

刺さる心配がなくても恐怖を感じることもあるようです。対象のものがどれくらい近いとだめなのか、見ているだけでもダメなのかということも人それぞれです。

 

他の恐怖症である高所恐怖症は不自由はあるにせよ高いところを避ければよいですが、先端がとがっているものは生活の中にあふれていますから、非常に困難を感じる場合が多いようです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/10/18-351831.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

先端恐怖症に関する記事

先端恐怖症、治療は受けるべき?受けなくてもよい?

  包丁が自分に向けられていたら誰でも恐怖を感じるのが当たり前ですが、指が自分...

尖ったものがダメな先端恐怖症…先端恐怖症からなりやすい他の精神疾患の関係

  先端恐怖症という恐怖症を聞いたことがある人は比較的多くいると思いますし、疾...


こんなものも恐怖の対象に!?先端恐怖症の人が怖い"先端を持つもの"

  先端恐怖の人が感じるとがったものへの恐怖は、『目に入ってくるのではないか』...

はさみやペンが怖い人は要チェック!先端恐怖症の診断基準を知ろう

  はさみやペン先を見ると、どうも気分が落ち着かないという方は先端恐怖の可能性...

カラダノートひろば

先端恐怖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る