カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 基礎知識 >
  6. 知っておくべき女性の性感染症の症状!この症状があったら恥ずかしがっていないで早めの受診を!

女性のカラダの悩み

知っておくべき女性の性感染症の症状!この症状があったら恥ずかしがっていないで早めの受診を!

「もしかして・・・?」と思っていても、なかなか人には相談できない「性感染症」。 

この10年ほど減少傾向にあった性感染症の患者数も、2012年頃からまたじわじわと増加しつつあるようです。

 

病気によってさまざまな症状をひきおこしますが、中には自覚症状がないものも。少しでも感染の疑いがあれば、まずは病院で検査を受けましょう!

 

◆ いろいろな性感染症 ◆

クラミジア感染症

近年、患者数が最も多いといわれる性感染症。性行為によって感染する。

ほとんどの女性には症状がでないが、放っておくと子宮外妊娠や不妊の原因となりうる。

出産時の母子感染により新生児が結膜炎・肺炎を発症することがある。

 

淋菌

クラミジア感染症に続いて患者数が増加している性感染症。

ほとんどの女性には症状がでないが、放っておくと子宮外妊娠や不妊の原因となりうる。

出産時の母子感染により新生児の両眼を侵し、早く治療しないと失明するおそれがある。

 

性器ヘルペス

ヘルペスウイルスに感染するとウイルスが神経に住みつき、刺激や抵抗力の低下により症状がでる。患部周辺に水疱や潰瘍ができ、ひどい痛みをひきおこす。子宮頸管、膀胱にまで感染が広がることも。

 

膣トリコモナス症

トリコモナスという原虫(肉眼では見えないぐらいの虫)が膣内に侵入し、炎症をおこす。

膣、子宮頸管、膀胱、尿道へ感染し、悪臭のあるおりものや不快感・かゆみ・痛みなどといった症状がでる。放っておくと不妊症や早産・流産の原因となりうる。

 

カンジダ膣炎

膣内に常在するカンジダという真菌が増殖することで、炎症をおこす。

通常、健康なときは自浄作用で過度の増殖をすることはない。

ストレスや風邪などで抵抗力が落ちたときに発症し、ひどい痒みや腫れをおこす。

 

治療は主に抗生物質や抗ウイルス薬の服用と、幹部の炎症を抑える軟膏や膣錠の併用で進められます。病状によっては一年以上、治療を続けなければならないこともあります。

 

症状があれば、恥ずかしがっていないで早めの受診を。症状がなくても、できれば年1回は自主的に検査を受けるようにしましょう。 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/04/19-017301.php?category=48)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

性病(STD)にかかると出やすい症状を知っておこう

  性病(STD)は誰にでもかかる可能性があります。たとえパートナーがひと...

女性のSTD(性感染症)は重症になる!上行感染と症状が重くなる理由

STD(性感染症)は女性の性器では、上行感染の危険があります。そして上に行く...


性病(STD)の患者はどれくらいいるの?どんな病気が多いの?

  性病(STD)にかかったかもしれない、と思うとひどく恥ずかしくて病院に...

キス病があるって知ってますか!?

  HIVの説明で、「キスでは移りません」とよく言われますね。 確かに、...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る