カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 強迫性人格障害はどんな人が表れる傾向が高い?長男、長女がなりやすい!?

メンタル

強迫性人格障害はどんな人が表れる傾向が高い?長男、長女がなりやすい!?

 

人の個性も行き過ぎれば、その人の生活に支障が出たり人をトラブルに巻き込んだりと問題が発生するようになります。この行き過ぎた個性によって社会活動などに問題が生じるような場合、それを人格障害と呼ぶことがあります。その中でも不安感と依存性の強い行動パターンを特徴とする人格障害に強迫性人格障害があります。

 

強迫性人格障害はどんな人に良く見られるのでしょうか。

 

強迫性人格障害になりやすい性格

強迫性人格障害の人の性格は一言で言えば「行き過ぎた完璧主義」ですが、他にも以下のような行動特性が見られます。

・他人にも完璧を求める

・こだわり過ぎて時間内に仕事を終わらせることが難しい

・細部にばかりこだわり本来の目的を見失う

・倫理・道徳・ルールにこだわり過ぎる

・情緒的なことより結果や事実に目を向ける

・白か黒かというような極端な思考をする

・不要なものを捨てられない

・無駄遣いを嫌い倹約する

・自分を優先し周りを犠牲にする

・将来への不安が強く、不測の事態に備えて過度に準備をする

 

性差はどうなの?女性の方がなりやすい!?

女性よりも男性の方が有意に多く見られます。患者数は約2倍にもなるとされています。

 

強迫性人格障害の発症率

症状の程度を広く考えると一般人口の約1%に見られるとされています。実際に精神科などに来院した患者の中では3%~10%に見られるとされています。

 

強迫性人格障害の家庭内

家庭内発症があるとも考えられています。遺伝あるいは人格形成における育成環境が関係しているのかもしれません。

一卵性双生児を例に挙げた場合、二卵性双生児よりも一致率が高いため、ある程度の遺伝の影響の可能性も考えられています。

 

強迫性人格障害になりやすいのは”第一子”!?

長男、長女といった第一子に診断されることが多い傾向があります。

第一子はその母親にとって初めての子どもであることから幼少期のしつけで過度に厳しく接してしまったことによって、その子どもが傷つきやすさといった心理的特性を身につけてしまったために、発症するとも考えられます。

 

行き過ぎた完璧主義を持っていても仕事の内容によっては、うまく社会的に機能している場合もあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/23-025091.php?category=279])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

近年見られるようになってきた人格障害

  人格障害の性格は、いくつかの性格に分類することができ、ひと口に人格障害と言...

関わる人を徹底支配?境界性人格障害の症状とは

    感情や対人関係が不安定になり、病的な人間関係を築く病気の一つが境界性人格...


境界性人格障害の原因あれこれ

  境界性人格障害をはじめとして、人格障害全体は増加傾向にあるとされています。...

同性愛や異性装とは異なる、性同一性障害

  性同一性障害とは生物学上の性と、自己認識としての性が一致しない状態のことで...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る