カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 愛情の代わりにものを所有する?強迫性人格障害のケチなタイプ

メンタル

愛情の代わりにものを所有する?強迫性人格障害のケチなタイプ

 

こだわりの強さというのは誰でも持っていて当たり前ですが、こだわりが強く、それを他人にも強要したり、対人関係においてそれを譲らなかったりすると、色々とトラブルが生じることになります。

 

強迫性人格障害

人格障害のひとつである強迫性人格障害の人は、極度の完璧主義、完全主義であり、社会規範や規則、秩序に対して異常なほどにこだわりを持っているため、臨機応変な対応や融通の利いた対処ができません。

そうした性格は幼少期の親との関係が原因にあるとされており、特に厳格な親に過度に厳しくしつけられると、愛情飢餓の状態から、上記のような性格になることによって愛情を得られる自分になろうと考えるものとされています。

 

強迫性人格障害のケチなタイプ

強迫性人格障害は5つのタイプに分けることができ、その中のひとつに「ケチなタイプ」というものがあります。これは所有物や金銭に対する過剰なまでの執着心を持つ性格特性のタイプです。

 

・自分のものも他人のものも…

自分のものに独占欲が働くのは当たり前ですが、この患者では他人のものにまで強い所有欲が働きます。

 

・失う不安がある

強い所有欲からこのタイプの患者は今所有しているものが失われることへの恐怖心も抱えています。

そのため、いい言葉で言えば倹約ですが、特に典型的には極端にケチで、将来的に喪失してしまう不安を妄想して、他人からすると考えられないほどの生活レベルで生活していることもあります。

 

所有することで満たされる

金銭など物理的なものに執着し所有することは、情緒的な満足を得ることの代替行為とも考えられます。

経済的に困窮しているわけではないのにケチな態度をとるというのは、「お金が惜しい」という気持ちではなく「愛情が欲しい」という飢餓感に裏付けられているものなのです。

 

倹約も、経済的な状況から見てその必要性を超えたら異常であり、疾患の可能性があるのです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/06/07-378895.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

強迫性人格障害はどんな人が表れる傾向が高い?長男、長女がなりやすい!?

  人の個性も行き過ぎれば、その人の生活に支障が出たり人をトラブルに巻き込んだ...

強迫性人格障害の人が仕事をする上でぶつかる大きな壁とは?

  仕事で完璧を求めることは悪くありませんが、人が間違いを起こさないということ...


性同一性障害を理解するために

  性同一性障害とは、体は女性なのに本当は自分は男なんだと考えたり、体は男性な...

仕事ができるとは限らない!完璧主義の強迫性人格障害…仕事上で困ることは?

  自分が気になることに対してこだわるのは決して悪いことではありません。 自...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る