カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 登校拒否 >
  5. 登校拒否の定義は何のため?「30日以上連続」で休むと登校拒否!?

メンタル

登校拒否の定義は何のため?「30日以上連続」で休むと登校拒否!?

 

お子さんが「今日は学校に行きたくないなぁ」と言って1日だけ休んだからと言ってそれは登校拒否とは言いません。では登校拒否というのは何なのでしょうか。

 

登校拒否というのは明確に定期づけされています。と言っても文部科学省が決めたもので、眼窩の間には多少の見解の相違があるものと思われます。

 


 

登校拒否の定義

何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、登校しない、あるいはしたくともできない状況にあるため年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの


 

こうして見ると年間で30日というのは多いのか少ないのか、という議論も出てきます。連続して30日というのと、年間でポツポツと30日間休むのは大きく違うような印象を受けますよね。

実は定義には書かれていませんが、文部科学省が行う登校拒否の実態調査の項目では「30日以上連続」となっているそうです。

 

登校拒否の調査のための30日?

上記の登校拒否の定義からすると29日では登校拒否と判断されないことになります。それは実態に即しているのでしょうか。

実際1週間だけであってもいじめなどの原因があって、学校に行かなかったのならばそれを登校拒否と呼んでも差し支えない気がします。

こうして定義として日数を区切るのは、登校拒否の児童生徒数の調査などがあるからとも言えます。

こうして区切らないでケースごとに数えていたらきりがありませんからね。

ですからこうした定義はそれはそれとして、実際の現場、家庭内では現実の状況に即した対応が求められるということです。

 

「年間で休んだのが29日までだからセーフ」なんて考えるのはおかしな話です。実際30日のボーダーラインなんていうのは親も学校の先生も気にしていません。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/03/02-014769.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

登校拒否に関する記事

不登校の解決には原因の把握が重要!小学生・中学生の不登校の「原因」は何が多い?

小学校や中学校は、大事な青春時期を過ごす場所です。 しかし、多感な時期であるが...

登校拒否症対応に親が疲れてしまった…そんなときに利用できる施設

  登校拒否症の対応をするのは大変、と感じる親御さんも少なくはありません。 学校...


不登校の原因は「親」!?支配型親子関係と放任型親子関係に潜む危険性

「子どもが不登校」となったら、どんな原因を想像するでしょうか? なんとなく不登...

小学校低学年に多い不登校の原因は「分離不安」!?親ができる!不登校対策

小学校の低学年では、あまり不登校の問題というのはありません。ですが、低学年でも...

カラダノートひろば

登校拒否の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る