カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 登校拒否 >
  5. 子どもの登校拒否理由は様々あります!例えばどんな原因が多い?

メンタル

子どもの登校拒否理由は様々あります!例えばどんな原因が多い?

 

子どもがある日突然「学校に行かない」と言い始めたらどうするでしょうか。そこで対応を間違えて登校拒否がはじまってしまったらどうしましょう。

実際子どもが学校に行きたくない理由はたくさんあります。

 

登校拒否の原因には何があるのか?

子どもが学校に行きたがらない、行けない原因は本当にたくさんありますから、これとこれですと容易に提示できるものではありません。

ですがいくつかの例示はできますので参考になればと思います。

 

・原因1 生徒間のいじめ

明らかないじめが存在する場合には学校に何らかの対応を求めることもできます。

しかし難しい部分としていじめがどの程度登校拒否と関係しているのかを特定しにくいことがあります。

また、いじめた側とされる子がかけた言葉に他意がなくても、本人が傷ついてしまったということもあります。さらにいじめ自体も何らかの原因があって起こるものですから、聞き取りは慎重にならざるをえません。

子どもが知られたくない、話しにくいことまで話さなければならなくなるかもしれないことを知っておきましょう。

 

・原因2 家庭内

父親の失業や、離婚といった家庭内の大きな変化が原因になることもあれば、ちょっとした出来事が原因になることもあります。

外に原因を求めることは親御さんとしては気がラクですが、自分たちに目を向けるとなると途端に消極的になる親御さんも多くいます。

 

・原因3 教師

学校生活において教師との関係は欠かすことができません。その中で嫌な思いをしたり、関係がうまくいかなかったりすることで登校拒否になることも十分にあります。

 

・原因4 コンプレックス

自分の身体的な欠点をさらすのが恥ずかしく感じ学校に行けなくなることもあります。

 

こうした原因を挙げましたが、まだまだほかにもたくさんあります。

一番気をつけなければいけないのは、これらにとらわれて「うちの子が登校拒否になった、学校でのいじめのせいだ」と決めつけないことです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/09/17-340804.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

登校拒否に関する記事

不登校の延長には何がある?考えなければいけない「引きこもり」「ニート」の可能性

不登校の子どもは、取り組みがうまくはまれば再登校に結び付くこともあります。しか...

登校拒否の定義は何のため?「30日以上連続」で休むと登校拒否!?

  お子さんが「今日は学校に行きたくないなぁ」と言って1日だけ休んだからと言っ...


不登校の原因は「親」!?支配型親子関係と放任型親子関係に潜む危険性

「子どもが不登校」となったら、どんな原因を想像するでしょうか? なんとなく不登...

自閉的な登校拒否…「何もしない」という対処法が一番?

  子どもの登校拒否の状態というのもいくつかあります。 非常に明るい気持ちで...

カラダノートひろば

登校拒否の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る