カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. デリケートゾーン >
  4. 意外と自己流のことが多い?デリケートゾーンの"正しい洗い方"を知ろう!

女性のカラダの悩み

意外と自己流のことが多い?デリケートゾーンの"正しい洗い方"を知ろう!

意外と知られていないデリケートゾーンの洗い方。顔や身体の洗い方は雑誌などメディアで取り上げられていますが、デリケートゾーンの場合は友達同士ですらあまり話さない話題ではないでしょうか。

ここでしっかり正しいデリケートゾーンの洗い方をマスターしておきましょう。

 

基本は優しく洗うこと

デリケートゾーンは粘膜が多く皮膚も薄いという特徴があります。そのため、石けんやボディソープを直接つけて洗うのではなく、まず手や泡立てネットを使って泡立てて、その泡で優しく洗うようにしましょう。

しかし、洗顔と異なり、デリケートゾーンは体毛がある他、凹凸も多いことから垢やよごれがたまりやすい特徴があります。

そのため、シャワーで流す・泡で包み込む洗い方だけでは不十分です。指の腹をつかって、ツメを立てないように洗いましょう。

皮膚や粘膜を傷つけないようにすることがポイントです。

 

洗う順番

洗う順番としては、陰毛、陰核、性器部分と洗っていきます。そして、最後に肛門を洗いましょう。陰毛を洗う際には、根元の肌をマッサージする感じで洗います。

最後に手で軽くひっぱり抜ける毛は抜いてしまうと良いでしょう。こうすることで、ショーツに抜け毛がついてしまうのを防止できます。

 

陰核・性器部分を洗う際の注意点

陰核、性器部分は、大陰唇や小陰唇の間の溝や陰核の皮に隠れている部分は恥垢が溜まりやすい場所です。指の腹を使って丁寧に洗いましょう。

大陰唇にはアポクリン腺という汗腺が多く存在するので、意外と汗っかきです。この部分の汚れがきちんととれていないと臭くなってしまいますので、ご注意を。

 

デリケートゾーンを正しく洗うことで、臭いなどの防止にもつながります。今までてきとうに洗ってきた人は今一度洗い方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/06/10-379048.php?category=205)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

デリケートゾーン に関する記事

デリケートゾーンにトラブルが多い理由

  生理中やそうでないときであっても、においやかゆみといったトラブルが起きやす...

ビデ機能を使い過ぎていませんか?女性のウォシュレットの落とし穴!

においが気になる、デリケートな部分がむれてしまってかゆい、など、特に暑い時期は気...


石けんや洗い方に注意!デリケートゾーンを洗うポイント

デリケートゾーンはなかなか恥ずかしくて友達同士でも相談しにくいところですが、...

かゆみ防止・対策法

  デリケートゾーンのかゆみは放っておくと悪化することがありますし、女性の場合...

カラダノートひろば

デリケートゾーン の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る