カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 陰陽バランスを保って健康維持!生活の中での陰陽を考える。

健康診断・健康管理

陰陽バランスを保って健康維持!生活の中での陰陽を考える。

 

食材にはのもののもの、そしてその中間に位置する
中庸のものがあります。
食材の陰性・陽性とは、簡単に説明すると

 陰性食材・・・体を冷やす食材
 陽性食材・・・体を温める食材

ということになります。

さらに、人間の体にも陰と陽の状態があります。

 陰性の体質・・・肌が白っぽく柔らかい。平熱が低く低血圧ぎみ。
 陽性の体質・・・筋肉質で体格がよい。平熱が高く高血圧ぎみ。

単純にみて女性には陰性の体質が、男性には陽性の体質が多いのが特徴です。


体が陰性もしくは陽性に極端に傾くと、体を壊すことになります。
陰陽バランスを保って、健康な体を維持しましょう。

冷えやすい陰性の体質の人ニンニクショウガ根菜類といった陽性食材を、積極的に摂るようにします。
高血圧ぎみな陽性の体質の人には、海藻類きのこ類などの陰性食材を。


さらに、季節によっても体の陰陽は左右されます

陰の季節である寒い冬には陽性食材もち米をよく食べます。
塩気の強いおせち料理も陽の食べ物。
逆にパンなどの小麦食は陰性食材なので控えめに。

陽の季節である熱い夏には陰性食材である夏野菜をよく食べます。
麦茶も陰の飲み物で、ほてった体を冷ましてくれます。


昔からの知恵で知らない間に私たちの生活の中で保たれている陰陽バランス。
ちょっと意識して普段の食事にとりいれてみてはどうでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/09/08-007880.php)

著者: りりぃさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

高タンパク質の食材をとると身体にいいといわれるのは、なぜ?

高たんぱく食を摂取しよう   たんぱく質とは? 筋肉や骨、血液や神経、...

意外?日本食は実は「低タンパク食」だと知っていますか?

日本食は低たんぱく食だった   たんぱく質の役割 たんぱく質は、身体の...


老廃物を減らすには低たんぱく食摂取

  老廃物を減らすには低たんぱく食摂取     健康に対してほとんどの人...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る