カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. マッサージ >
  5. 胃がムカムカが治まらないあなたに♪マッサージが効く!つわりを軽減させるマッサージ

妊娠・出産

胃がムカムカが治まらないあなたに♪マッサージが効く!つわりを軽減させるマッサージ

つわりになると胃がムカムカしてしまいますが、こうしたつわりの症状を緩和するために、どのようなマッサージがあるでしょうか。

 

まず第一に肩甲骨の内側を暖めよう

マッサージをする前に、蒸しタオルやホットパックなどを利用して肩甲骨の内側部分を温めましょう。うつぶせになって、その部分を15分程度温めましょう。これだけでも、十分胃のムカムカが軽減する人もいます。 

 

胸を伸ばす

1.正座をした状態で、意識的に胸の前面を伸ばすような姿勢を取りましょう。この場合、正座をした状態から、両手を後ろにつきます。

 

2.その際、肩甲骨を中央に寄せるようにすることで、胸が伸びます。このときの呼吸法のポイントは、ゆっくり鼻から息を吸って口から吐くことです。もし、正座がつらいようであれば、おしりを床につけても結構です。

 

上記のマッサージは自分一人で出来ますが、次のマッサージはプレパパや家族など周囲の人にお願いしてやってもらうマッサージです。 

 

背骨の両脇のマッサージ

1.背骨の両脇部分に対して身体に垂直に親指の腹で5秒程度押して、指を離し、また押すのを3回程度繰り返します。

 

2.終わったら、押す場所を下にずらしていきます。左右両方に押す必要はなく、片方ずつでも大丈夫です。

 

また、押す際に本人はうつぶせに寝てもいいですし、椅子に座っている状態・正座の状態でも大丈夫です。範囲としては、背中の上半分ぐらいを中心としますが、下半分から腰にかけて行ってみて気持ち良い場合は、その部分も押してもらうと良いでしょう。

 

 

どちらも、強度としては心地よい感じになる程度にとどめ、痛みが生じる場合には、すぐに弱めましょう。これらのマッサージを行って妊娠中のつわりの症状を軽減させたいものですね。 

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

マッサージに関する記事

プロのマッサージでつわりを楽にしましょう

「妊娠中のマッサージをしてよいか」という疑問を持つ人は多いようです。ふつうの...

妊娠中でもマッサージは受けられる?

  マッサージの効果とは  マッサージは、疲労回復のほかに、リンパの流れ...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

マッサージの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る