カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. ストレッチ >
  5. 出産のための体力作り!妊娠初期からできる妊婦ストレッチで頭痛肩こり吐き気も解消!

妊娠・出産

出産のための体力作り!妊娠初期からできる妊婦ストレッチで頭痛肩こり吐き気も解消!

つわりが始まると、頭痛・肩こり・吐き気などの症状がひどくなり、日常生活を送る上でも支障をきたすほどになる妊婦さんも少なくありません。

 

そのような場合にストレッチを行うことで、症状が軽減されることがあります。

 

ストレッチのすすめ

全身ストレッチを行うことは、妊婦にとってとても重要です。なぜなら全身の血行をよくすることにつながるため、肩こり・腰痛の予防や改善につながるからです。

 

安定期に入った妊婦に対して、運動不足解消のためにストレッチをすすめる文献などもありますが、つわりなどの妊娠初期の時点でも、できる範囲で全身ストレッチを行うことで気分転換になり、スッキリすることもあります。

 

妊娠初期から全身ストレッチを通じて、体力をつけておくことは出産の時にも役立ちます。出産にあたっては体力が必要ですし、陣痛が長引いた時のことを考えるとある程度体力があったほうが良いからです。 

 

簡単にできるストレッチ

ここでは、誰でも簡単にできるストレッチを紹介します。

 

1. 床に足を前に投げ出して座ります。その際背筋はまっすぐ伸ばし、手は身体の横か後ろにつきましょう。ここで伸ばす部分はべんけいとふくらはぎの部分です。

2. この状態で、つま先をゆっくりと前に伸ばし、5~10数えましょう。

3. 次に、つま先を身体の方に倒し、同じ数だけ数えます。これを3セット行いましょう。

4. 次に、同じ体勢からできる範囲で前屈します。手を前に伸ばし、つま先にくっつけましょう。

 

身体が固い人はできる限りでいいので、無理をしないでやりましょう。

お腹がすでに大きい妊婦さんは、足を開いて行うのがポイントです。

 

ストレッチは様々なものがあり、合う合わないがありますので、自分に適したストレッチを見つけて、つわりの症状軽減につながていきましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレッチに関する記事

産後~退院から床上げまでにできるストレッチ

退院して自宅に戻り、赤ちゃんとの生活がスタートするころには、日常生活には差し...

肩と背中のコリをほぐして、つわりを楽にする

肩と背中のコリをほぐして、つわりを楽にする  つわりの時、肩や背中が痛むこ...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

ストレッチの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る