カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 胎教 >
  5. 胎教は効果があるの?胎児はおなかの中のことを覚えてる?~胎教のススメ~

妊娠・出産

胎教は効果があるの?胎児はおなかの中のことを覚えてる?~胎教のススメ~

妊娠するとお腹の赤ちゃんが生まれてきたときの親としての期待もどんどん大きくなります。中には胎児のうちから何らかの形で教育が出来たら、ということで胎教を行うプレママも多いと思いますが、胎教は効果があるのかないのか、ここでしっかり理解しておきましょう。

 

おなかの赤ちゃんはママのおなかの中にいるときのことを覚えているの?

ある産婦人科が1-3歳児に対して、アンケート調査をしたところ、ほぼ半数の子供が胎児のときの記憶として、胎児のときの状況を自分の言葉で話したという結果が出たことを発表しました。

 

代表的なものとしては、以下のような状況を子供達は語っています。

・ママのおなかの中が暗かった

・ママのおなかの中はあったかかった

・ママのおなかをポンと蹴った

 

このように、赤ちゃんはママのおなかの中にいるときの記憶、すなわち胎内記憶を有しているということが昔から提唱されており、現在では胎児にも感情や記憶があることを科学的な根拠をもとに論じている学者もいます。 

 

胎教はそんなに難しいことではない

このように感情や記憶を胎児のときから持っているからこそ、胎教は有効であるといえるのですが、具体的にはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

 

胎教は、決して難しいことではありません。

お母さんもお父さんも、できるだけおなかの赤ちゃんに話しかけてください。

妊娠5ヶ月ぐらいを過ぎると赤ちゃんの聴覚は発達するので、音が聞こえます。パパとママが赤ちゃんがこの世に生を受けるのを楽しみにしていることを伝えることでも、立派な胎教なのです。

 

以上のように、胎内記憶をもち、5ヶ月過ぎから聴覚が発達してくる胎児には、パパもママも積極的に話しかけることこそ、最も基本的で有効な胎教であるといえるでしょう。

 

(Photo by: 足成)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胎教に関する記事

科学的に効果は証明されていない?胎教は本当に必要なの?

お腹の赤ちゃんへの愛情・期待から胎教に熱心な人もいるでしょう。 何をすれば...

おなかにいるときから「バイリンガル脳」に育てたい…どんな胎教をすればいい?

わが子をバイリンガルに育てたい!現代のグローバル社会を生きる親御さんはそんな考...

胎教の体験談

胎児は天才?妊娠がわかった時点から話しかける?!胎教の効果

胎教の本を頂きました。 その本によると、赤ちゃんの耳が聞こえてくるよりも前の妊娠がわかった時点...

音と色を楽しむ♪胎教にも産後にもおすすめ絵本

お腹の中の赤ちゃんも、耳が聞こえてくるようになります。 どうコミュニケーションをとっていいのか分か...

カラダノートひろば

胎教の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る