カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 体調・症状 >
  5. おなかの赤ちゃんのためにできるだけリスクは避けよう!妊娠中期の検診の重要性とは?

妊娠・出産

おなかの赤ちゃんのためにできるだけリスクは避けよう!妊娠中期の検診の重要性とは?

妊娠して16週以降になってくると妊娠中期に突入します。このころから様々な検診が始まりますが、具体的にどのような目的でどのような検診がなされるのでしょうか。

 

妊娠中期の妊婦検診の目的

妊娠中期の妊婦検診には、以下の目的があります。

・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の早期発見と発症リスクの判断材料として

・胎児異常の早期発見とその管理のため

・合併症の早期発見と今後の発症リスクのチェックのため

・流産や早産の予防のため 

 

経膣超音波検査

経膣超音波検査は子宮頚管の長さを測るために行う検査で、だいたい22-24週ごろに行います。子宮頸部は通常40mm前後ですが、この部分の長さが30mmぐらいの場合は早産するリスクが通常の妊婦と比べて4倍に高まるとされています。検査前でも子宮収縮がある場合はこの検査を行います。

そのような症状がない場合でも、この時期に一度経膣超音波検査で確認することで早産の潜在的リスクを早めに発見することができるのです。 

 

血圧検査・尿検査

これらを通じて、血圧の上昇や尿にたんぱくが含まれているかどうかをチェックします。このことで、妊娠高血圧症候群の発症リスクをチェックします。

なお、他にも妊娠高血圧症候群のリスク因子には以下のものがあり、これらは血液検査や問診を通じて確認されます。

 

●妊娠高血圧症候群のリスク因子

・遺伝的に高血圧体質であるかどうか

・糖尿病があるかどうか

・栄養不足であるかどうか

・多胎妊娠の有無

・肥満、またはやせすぎかどうか 

 

超音波検査

超音波検査は妊娠初期から行っていますが、中期からは胎児奇形といった形態異常の有無についても、確認します。

 

妊娠中期では様々な検査を通じてプレママやおなかの赤ちゃんの状態・様々なリスクについて調べていきますので、それぞれの検査の目的についてきちんと理解しておきましょう。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●だんだん妊婦さんらしくなってくる?妊娠中期のママの体

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体調・症状に関する記事

切迫早産の可能性も!?妊娠中期の出血

デリケートな妊娠初期の間は小さなきっかけで出血し、自宅安静と回復を繰り返すよう...

お腹や手足の強いかゆみ…それって「妊娠性痒疹」かも?!

妊娠中は肌が敏感になり、いつもと同じケアをしていても、痒みが出やすくなります...

体調・症状の体験談

肌のケアは妊娠線予防だけ気にすると落とし穴が・・・!

妊娠をしてから、肌の質が少し変化して、痒みや乾燥を感じ寝付きが悪くなることもありました。 そんな時...

【切迫流産】回復してからの体力不足と疲れ…そして切迫早産に

3カ月ほどの寝たきり生活をやっと終えて、お医者さんからも、絶対安静をといていただいた翌日から、心が晴...

カラダノートひろば

体調・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る