カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 帝王切開 >
  6. 税金控除の可能性も!帝王切開の場合の経済的負担軽減策、知っていますか?

妊娠・出産

税金控除の可能性も!帝王切開の場合の経済的負担軽減策、知っていますか?

出産にかかる費用は出産方法・場所によっても異なりますが、帝王切開をしなければならない場合は費用や補助はあるのでしょうか。

 

健康保険から見た普通分娩との違い

実は普通分娩は病気に対する治療のようないわゆる医療行為ではないので、健康保険の適応はなく、専門的に言えば「自己診療」扱いになり、かかった費用は全額自己負担しなければなりません。

しかし、その費用負担を軽減するために、健康保険制度は別途出産一時金制度を設けて、子供一人につき42万円を補助しています。

 

他方、帝王切開は外科的処置であることから、保険診療として健康保険が適応されます。

しかし、帝王切開による出産でも、部屋・食事代や、分娩介助料、新生児保育料、検査料など普通分娩でも行われるものについては自己診療扱いとして保険外の負担となります。保険診療として扱われるのは帝王切開にともなう、手術料、投薬量、処置料、検査料、入院料などです。

 

帝王切開でも費用は異なります

帝王切開一つとっても、以下の条件で費用が大きく異なります。

 

・帝王切開が予定されていたもの(多胎出産の場合など)か、緊急的なものか

・帝王切開を行う施設(大学病院・個人の産院・市立病院)

・入院する部屋が大部屋か個室か

・入院日数

・入院時期が年末年始などの特別な時期かどうか

・出産時期

 

帝王切開によってもらえるお金・返ってくるお金

帝王切開は高額な自己負担が発生し、出産する人に大きな経済的負担を与えます。そのため、出産育児一時金の他、健康保険より高額療養費が支給される場合もあります。

また、1年間で家族全員の医療費が10万円を超えると確定申告をすることで医療費控除を申請できます。帝王切開だけで自己負担額が10万円を超えなくとも、他の家族の医療費と合わせて超えるようであれば、いくらか支払った税金が戻ってくる可能性もあります。

 

このように帝王切開の場合は普通分娩よりも費用負担が増える場合がありますが、様々な制度でお金が戻ってくる場合がありますので、自分の健康保険組合などにしっかり確認しておくことをおすすめします。

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/07/26-348605.php?category=51)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

帝王切開に関する記事

帝王切開を行うことによる母体・胎児への影響とは?前置胎盤・子供の肥満リスク上昇は本当?

帝王切開を行うことのメリットは、赤ちゃんに対する安全性の向上と共に、母体の『...

帝王切開で子供の『チック・自己免疫疾患』の発症率が上昇?!その真相とは

帝王切開を行うことのメリットは、1)赤ちゃんに対する安全性が上がること、2)経...

帝王切開の体験談

会えて嬉しい。感動。 無事に産まれてきてくれてありがとう!

緊急帝王切開での出産となりました。おしるし→産院朝おしるしがくる。 なんとなくいつもと違う感じ...

赤ちゃんが頻脈に!妊娠41週で緊急帝王切開決定

長男を出産した時のことですが、私自身が150cm以下であり骨盤が狭いので、普通分娩は挑戦してみるけど...

カラダノートひろば

帝王切開の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る