カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 溺れたとき >
  5. プールや海・川で…状況別!子供が溺れた際の対応方法

育児・子供の病気

プールや海・川で…状況別!子供が溺れた際の対応方法

お風呂だけではなく、プールや海・川など子供が水に触れるときには溺れる可能性を常に考慮しなければいけません。

では子供が溺れてしまった場合、どのような対応をするべきなのでしょうか。

 

1.助けを呼びましょう

子供が溺れているのを発見した場合、まずは助けを呼ぶことが重要です。自分が仮に泳ぎに自身があって、子供を助けられると思ったとしても、それでも助けを呼ぶことが大変重要です。

仮に自分が子供を水の中から助けた後、陸上で場合によっては人工呼吸や心臓マッサージ、救急車を呼ぶことなどやらなければいけないことがたくさんあります。溺れている子供を助けるには多くの人間がいたほうが良いので、まずは周囲に助けを求めましょう。

子供を溺れているのをみたら焦る気持ちが先走り、一刻も早く助けたいと思うのが当然ですが、一人では子供を助けるのは難しいということをきちんと理解しておくことが重要です。

 

2.水中から助けた後の応急処置

溺れた子供は水を大量に飲んでいる場合があるので、水を吐かせようとする人がいますが、それよりも意識・呼吸・脈の有無を確認することが最も大事です。

意識がなければ、すぐに救急車を呼び、気道確保の後、人工呼吸を行います。呼吸・脈がない、もしくは非常に弱い場合は心臓マッサージを合わせて行います。これらは救急車が到着するまでずっと続けましょう。

 

3.意識もあり、大声で泣いている場合

溺れたとはいえ、救助した際に意識もはっきりしており恐怖のあまり大声で泣いている場合は、救急車を呼ぶ必要はありません。ここで行うべきことは身体を冷やさないようにすることです。

タオルや毛布などでくるんで寝かし、安静にさせます。

場所にもよりますが、川や海など水が清潔とは言えない場合には、様々な感染症を発症する可能性があります。

また、水を飲んでしまって肺にはいってしまうと肺炎を引き起こす可能性もあります。そのため、できるだけ早い段階で病院に連れて行きましょう。

 

ちょっとした深さでも子供は溺れる可能性があります。保護者はしっかりと目を離さずに子供を見守りましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/04/24-378079.php?category=169)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

溺れたときに関する記事

海や川へ遊びに行く時に!万が一に備えて危険を回避しよう!

 楽しい海や川へのレジャーですが、万が一、子供が溺れてしまったら・・・。救助...

冷静に対応しよう!子供が溺れた時の応急処置

小さい子供は、子供の膝ぐらいまでの深さであっても溺れる場合があり、特にお風呂...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

溺れたときの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る