カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 早産 >
  5. 赤ちゃんが入っている袋の炎症?切迫早産の原因「絨毛膜羊膜炎」

妊娠・出産

赤ちゃんが入っている袋の炎症?切迫早産の原因「絨毛膜羊膜炎」

妊娠22週から37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを早産と呼びます。この期間で生まれてしまった赤ちゃんは様々な機能が未発達なため、多くのリスクにさらされます。ママにとっては絶対に避けたいことですが、早産へつながる危険は妊婦さんの周りに潜んでいます。

 

今回は早産の原因の一つになりうる「絨毛膜羊膜炎」について説明します。

 

 

「絨毛膜羊膜炎」は赤ちゃんの袋の炎症です

卵膜と呼ばれる赤ちゃんが入っている袋は一見して一枚の膜に見えますが、実は3枚の膜が重なった状態になっています。その3枚の膜は子宮側から脱落膜、絨毛膜、羊膜と呼ばれていて、この絨毛膜と羊膜が細菌に感染して炎症状態にあることを「絨毛膜羊膜炎」といいます。

 

現在でも早産にいたる原因ははっきりと解明されていませんが、早産に至った胎盤を調べることで、早産に至った多くの妊婦さんがこの症状を患っていたことが分かっています。このことから、早産の原因として注目されています。 

 

「絨毛膜羊膜炎」の原因

絨毛膜羊膜炎になる場合、まずは細菌により膣炎、子宮頸管炎になります。その炎症が子宮の奥まで進行していくことで絨毛膜羊膜炎になります。しかし、膣の中に細菌がいることはごくごく普通のことで、本来であれば膣中の自浄機能によりその細菌にすぐに感染してしまうということはありません。

 

この防御機能が何らかの理由で働かなくなり、膣炎、子宮頸管炎にかかってしまい、拡大してしまうことが絨毛膜羊膜炎の原因となります。そのため絨毛膜羊膜炎にかかっていなくても、膣炎や子宮頸管炎にかかっている方は要注意が必要となります。 

 

妊娠中の性行為、歯肉炎に注意

妊娠中の性行為は膣炎や子宮頸管炎の原因となり、絨毛膜羊膜炎を助長することが指摘されています。性行為をする場合にはしっかり手を洗う等、清潔を保つことが大切です。

 

また、歯肉炎を患っている妊婦さんも絨毛膜羊膜炎になるリスクが高いと指摘されています。妊娠中はオーラルケアを怠らないことも重要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

早産に関する記事

早産しやすい人がいる?早産を予防するには?早産の原因・障害リスク

早産や流産を過去に経験したことのある方は、次の妊娠時に大きな不安感じているこ...

見逃さないで!切迫早産の4つの兆候、お腹の張り・○○の痛み・○色のおりもの・疲れやすい…

妊娠22週以降37週未満に赤ちゃんが生まれてしまうことを早産といい、その早産...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

早産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る