カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 定期健康診断 >
  5. 「5mm以下」早期発見へ!遺伝子がん検査『Can Tect』

健康診断・健康管理

「5mm以下」早期発見へ!遺伝子がん検査『Can Tect』

 

5mmの癌でも早期発見とは言えない?

近年の厚生労働省の統計によれば、日本において40~80代の死因のトップであるがんの発生率は、男性3人に1人、女性3人に1人と非常に高率で発生していることが分かります。

現在、がん検査というと、CT・MRI・PET検査などの画像診断が主に行われ、直径5mm程度の腫瘍を発見できるようになりました。しかし、5mmという大きさの腫瘍は、出来上がるまでにすでに5~20年程度の期間を経過しており、すでに『一人前のがん』であるという指摘があります。

 

5mm以下のがん細胞を早期に発見するにはどうすれば良いか、ということですが、近年では『がん遺伝子検査』が非常に注目されています。『Can Tect』検査は、わずかな血液からDNA・RNAを抽出し、解析するというもので、60種類ものがん遺伝子の発現状態を解析できると言われています。この手法によって、0.5mmという極小サイズの超早期がん発見も可能であると言われています。以下ではその詳細について見ていきたいと思います。

 

『Can Tect』とは?

がん遺伝子検査『CanTect』は、一般に行われている遺伝子検査(SNPs検査:体質検査)とは異なり、がん細胞に特異的に現れるDNAの兆候から、がんの有無や進行度合いを調査し、リスクを評価するというものです。検査の内容としては、【60 種類以上のがん関連遺伝子の突然変異、DNA メチル化、遺伝子発現やFreeDNA の濃度】4種類の検査から総合的に診断されます。多くのクリニックでは、それぞれ単体や2、3種のみの検査でも受けられる場合が多いようです。

 

<どのような検査方法?>
約20cc程度の採血(5cc/本×3~4本)を行い、DNAチップ、シーケンサー、リアルタイムPCRなどの最先端機器によって解析されます。他の画像診断のような放射線被爆、強力な電磁波等による人体への悪影響の心配はないので安全な検査方法であると言えます。

 

<検査項目は?>

以下の4項目で行われます。


1)遊離DNA濃度測定
がん細胞が増殖すると、免疫細胞の攻撃により死滅し血漿中のDNA量が増加します。これを測定することで、がんのスクリーニング検査を行うことができます。

 

2)突然変異解析
『ホットスポット』というがん細胞が高確率で突然変異を起こしやすいと考えられている場所の配列を調べることで、それががん由来か識別することができます。またがんの部位や状態も推測することができます。

 

3)メチル化解析
体内には、『がん抑制遺伝子』というがん細胞の発現抑制する機能が備わっていますが、これがメチル化(メチル基の修飾:CH3-)されることで不活性化すると言われています。この検査では、メチル基の付着程度を調べることができます。

 

4)発現解析
がん関連遺伝子は突然変異をおこしただけではがん化はせず、その変異情報をもとに、異常タンパク質の機能が促進されることで過剰な細胞増殖とともにがん化を引き起こします。この検査では、多数のがん関連遺伝子の発現状態を検出します。


⇒これらの4項目を、『がんリスク判定表』にあてはめ、がんリスク値を段階評価するというものです。後日、検査レポートが配布され、『発がんリスク』『予防管理』などの項目について医師からの説明があります。

 

<検査対象がんは?>

検査対象がんは以下になります。

【脳腫瘍・頭頸部がん・甲状腺がん・肺がん・食道がん・胃がん・ 大腸がん・肝臓がん・すい臓がん・腎臓がん・膀胱がん・ 前立腺がん・乳がん・卵巣がん・子宮体がん・子宮頸がん・ 皮膚がん・白血病・骨肉腫・悪性リンパ腫】

 

<検査費用は?>
現在では、【DNA濃度測定、突然変異解析、メチル化解析、発現解析、がんリスク評価】全ての検査項目を含め、およそ20万円程度とされています。しかし数年後にはその10分の一の費用に落ち着くという見通しもあるようです。

 

最後に

CT・MRI・腫瘍マーカー以外のがん検査の方法として、比較的新しいものに【マルチヘリカルCT・アミノインデックス・PET検査】などの手法がありますが、いずれの検査も遺伝子検査には安全性や(マルチヘリカルCT)、精度の面では劣るとされています。一日も早く検査費用が落ち着き、一般的な検査方法として行われる時期を待ちたいところです。

 

(photoby://pixabay.com/ja/dna-%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E5%8C%BB%E5%AD%A6-%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90-%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E8%A7%A3%E6%9E%90-%E7%B5%8C%E9%A8%93-%E4%BA%BA%E9%96%93-163466/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

定期健康診断に関する記事

健康診断の尿検査!尿たんぱくと尿中微量アルブミンとは?わかる病気は何?

健康診断の検査の一つが尿検査です。尿を採取してその状態から健康かどうかの判断...

歯だって定期健診は必須!!頻度と費用はどれくらい??

健康診断といえば、血液検査やバリウムの検査を思い浮かべがちだと思います。 ...


健康診断における注意点

      健康診断は字の通り自分の体の健康を知るために受けるものです...

健康診断で何がわかる?~身体計測・尿検査・血液生化学検査・血液血球計数検査

健康診断で行う基本的な4つの検査、身体計測・尿検査・血液生化学検査・血液血球...

カラダノートひろば

定期健康診断の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る