カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 脂質代謝 >
  5. HDL >
  6. 長寿の秘訣!?HDLコレステロールとは

健康診断・健康管理

長寿の秘訣!?HDLコレステロールとは

 

コレステロール値が高い、と聞くと不健康なイメージがありますがひとくちにコレステロール値とはいってもLDLコレステロール値とHDLコレステロール値があります。

このうちHDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれる存在です。

 

●HDLコレステロールの働きは?

HDLコレステロールの働きは、主にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を除去することにあります。

LDLコレステロールは動脈硬化、高血圧などを引き起こすほか、血をどろどろにしてしまう存在です。

LDLコレステロールが血管の内側にへばりつこうとするのをHDLコレステロールが引きはがして肝臓に運んでいます。

LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスが取れていることが大事です。

 

●長寿症候群とは?

HDLコレステロール値が遺伝的に高い状態を長寿症候群と呼んでいます。名前の通り、長寿になりやすいことからです。

HDLコレステロール値が遺伝的に高い人とそうでない人、その他の条件はほぼ同じと仮定すると寿命に4年もの差が出るのです。

HDLコレステロール値の平均は80㎎/dl程度ですが、長寿症候群の方は100㎎/dl以上にもなります。

ただ、一部の方にはたんぱく質の異常があるケースも見られ、必ずしも長寿というわけではない点に注意しましょう。

日本人を含むアジア系の場合はタンパク質異常の長寿症候群も多くみられます。

 

●バランスを大事にする

HDLコレステロールが少なかったとしても、処理すべきLDLコレステロールも少ないのであればバランスが取れています。

大事なことは総合的なコレステロール値のバランスを取ることにあります。

 

HDLコレステロールは悪玉コレステロールを排除するコレステロールで、このHDLコレステロールが遺伝的に多い場合は長寿症候群と呼ばれます。

長寿症候群であってもなくても、HDLコレステロールとLDLコレステロールのバランスを取ることが大事です。

LDL値/HDL値が4.0を超えないようにしましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/31/06/06/fold-63623_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

HDLに関する記事

血中にあるHDLコレステロールがわかる!HDLの基準値について詳しく知ろう!

  健康診断や血液検査を行うと、検査結果に「HDL」という項目があります。...

血液に関する疾患を判断する!糖代謝異常とHDL数値の関係とは

  糖尿病などを心配し、血液中の糖を調べようと糖代謝異常の検査を行う方がい...


善玉なのに多いとだめ?HDLコレステロールって?

  血液検査の結果などで、コレステロール値が高い低いというのは聞いたことがある...

糖代謝検査をしたらHDLの数値が高かった!これってどういうこと?体の中で何が起こってるの?

  日本人でも発病している方が多い糖尿病。この糖尿病などを知るために行う検...

カラダノートひろば

HDLの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る