カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 脂質代謝 >
  5. コレステロール >
  6. コレステロール値を正常にするには〇〇機能を高めるのが必須です!

健康診断・健康管理

コレステロール値を正常にするには〇〇機能を高めるのが必須です!

 

40歳を超えるとそろそろ生活習慣病への注意もしなければと感じる方は男女を問わずに多いでしょう。

女性の場合は、体型が変わったことで肥満ではないかと思うケースもあるかもしれません。

そういった時に健康診断を受けると最も気になるのがコレステロール値です。

低値も高値も危険なコレステロール値ですが、どちらかといえば250㎎/dl以上の高値で悩む方の方が多いようです。

 

●実はコレステロールは肝臓で作られる

コレステロール(HDLコレステロールもLDLコレステロールも含む)値の改善のために運動や食事が勧められることが多いです。

実際に運動や食事で中性脂肪値を減らしながらHDLコレステロールを増やす、上手にLDLコレステロールを駆逐するシステムを作ることも大切です。

ですが、実はコレステロールそのものは主に肝臓で作られていることも忘れないようにしてください。

コレステロールの7-8割は肝臓由来のもので、そのほかの2-3割が外部要因(主に食事や運動)によるものと言われています。

 

●コレステロール値の調節には肝臓機能のチェックを

コレステロール値を正常にしたいと思うのであれば運動・食事の他に肝臓機能のチェックも欠かせません。

健康診断を受けるときには肝臓機能のチェックも当然存在します。

γ-GTPやALT、ASTなどの数値をチェックして、肝臓の作用(分解や解毒)に異常がないかを見てください。

 

●肝機能の調節について

肝機能の調節についてはコレステロール値のコントロールと似通った部分もあります。

例えば揚げ物の摂取を控える、食べ過ぎない、適度な運動などもその一つです。

特に肝機能にクローズアップして言うのであれば『飲酒習慣』には十分な注意が必要です。また、しじみなどを積極的に摂取するのもよいでしょう。

 

コレステロールの7-8割は肝機能の低下が原因されています。

そのため、コレステロール値を正常にしたいときは肝機能の数値も見た上での改善がお勧めです。

肝機能アップのためにはバランスの良い食事や運動、睡眠をしっかり取ることなどが挙げられます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/24-374424.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

コレステロールに関する記事

コレステロール値改善のための運動療法はどんなことをすればいいの?

  コレステロールの値が高くなると、動脈硬化などの原因となります。コレステ...

コレステロールを撃退するにはまず食事の改善から!緑黄色野菜の効能を知ろう

  緑黄色野菜はβ−カロテン、ビタミンCが豊富な野菜です。抗酸化作用だけで...


低くても高くても危険なコレステロール値!生存率の高いコレステロール値とは?

  コレステロール値が高いというと不健康なイメージがあり、逆にコレステロール値...

コレステロール対策には“トクホ”!コレステロールを下げるトクホ商品って?

  近年テレビのコマーシャルなどで耳にする“トクホ”という言葉がありますが...

カラダノートひろば

コレステロールの関連カテゴリ

コレステロールの記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る