カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 費用 >
  5. これも立派な出産費用!肌着やベッド、ベビーカーなど出産準備品の費用は??

妊娠・出産

これも立派な出産費用!肌着やベッド、ベビーカーなど出産準備品の費用は??

出産費用というと検診費用や分娩費用など病院での出費が思い浮かびがちですが、ベビー用品やマタニティ用品の準備費用は実は一番の出費になります。

先輩ママたちからの情報やインターネットの情報を利用して、出来るだけ無駄が出ないように準備していきたいところですが、一般的にいくらくらいかかるのでしょうか。 

 

「新品でなければいけないもの」以外で節約をする 

哺乳瓶やおしゃぶり、肌着など生まれたての赤ちゃんに直接触れたり赤ちゃんが直接口に含んだりするようなものは、必ず新品を用意したいところです。しかし、例えばチャイルドシートやベビーカー、ベビーベッドなどは中古品を利用することも検討できるでしょう。

 

中古品であればリサイクルショップやフリーマーケット、友人・親類からのおさがり等で賢く買っていきましょう。また、里帰り出産のためベビーベッドは一時的に欲しい等のニーズがある場合、レンタルを利用するのも良いでしょう。

ベビー用品のレンタルは1か月単位で安く借りられるものが豊富にあります。妊娠中にインターネットで事前に調べておくことをお勧めします。 

 

マタニティ下着、ボトムスは必須 

妊娠初期から中期にはお腹の成長も胸の成長もまだそれほどではないため、マタニティ専用服の必要性はあまり感じないと思います。ただ、後期に近づくほどお腹の大きさも目立ち、胸の形も変化してくるため下着やボトムスは必要不可欠になってきます。

 

特にブラに関しては、無理してつけていると乳腺を締め付けてしまうため産後のおっぱいトラブルの原因にもなります。必ずマタニティ用の柔らかいものに切り替えましょう。トップスについては妊娠前から持っているゆったり目のものがあれば十分対応できると思います。 

 

費用は数千円~数十万まで

マタニティ用品は数千円のものから数万円のものまで幅広いですが、マタニティ下着やマタニティウェアで1~2万から準備が可能です。優先度を付け、譲れないところを自分なりに発見し選んで、お金をかけていきましょう。

 

育児用品についてはさらに幅広く、お金をかけようと思えば無制限にかけられます。特に大物であるベビーベッドやチャイルドシート、ベビーカー等が全体的な費用を大きく左右します。

 

産後の生活スタイルに合わせて購入していきましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com )

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用に関する記事

出産費用が大幅に節約できる公的制度『出産育児一時金』とは?

1回の出産にかかる費用とは、およそ50~100万円程度と言われており、また正...

いくらかかるか知ってる??通常分娩の費用の相場まとめ

出産でもらえるお金もありますが、入院・分娩費用の相場を知っておく事も大切です...

費用の体験談

出産費用~どこから捻出すればいい?~

皆さんは出産費用をどのように工面する予定ですか? うちはたまたまですが年明けの予定なので、冬のボー...

病院によって違う、検診代。

住んでる地域によるのかもしれませんが、 健診代って病院によって全く違うんですね。 自費だから当た...

カラダノートひろば

費用の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る