カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 費用・助成金・給付金 >
  5. 選択肢が増えている産院選び…出産費用も広がる選択肢

妊娠・出産

選択肢が増えている産院選び…出産費用も広がる選択肢

出産の形が多様化している中で、1回の出産でかかる費用も実は幅が出てきています。マタニティ用品やベビー用品等出産準備は何かとお金がかかりますが、メインとなる出産にはどれほどのお金がかかるのでしょうか。 

 

出産費用=分娩費+入院費 

一般に出産費用といった場合、それは分娩費と入院費を足した費用のことを言います。厚生労働省の調査ではこの平均が42万4000円と言われていますが、地域や病院の種類によって費用はまちまちです。

 

最近では質の高い個室や美味しい食事等を売りにしたいわゆる「ブランド出産」を提供しているような産院では、70万円を超えるところもあります。また、平均費用の場合は大抵大部屋での入院となります。

 

個室を希望する場合は1泊5000円~数万円程度加算されることになります。

 

42万円は保険から支払われます 

出産は病気ではないため保険の適用はされません。しかしながら、健康保険から「出産育児一時金」が42万円支払われます。

 

出産育児一時金を病院に直接支払ってもらえる制度があり、それが適用できる病院の場合は出産費用のためのまとまったお金を事前に用意しておく必要はありません。その場合は42万円と実際にかかった費用の差額を支払い、もしくは返金してもらうということになります。

 

対応していない病院の場合は、後日健康保険から支払われるまではご自分のお財布からの出費となりますので、ある程度の貯蓄が必要なことを念頭に置いておきましょう。

 

里帰り出産は検診費用等も要確認 

後期に入ってから実家での里帰り出産を希望している場合、おそらく自治体をまたぐことになるでしょう。そういった場合、今まで使っていた検診の回数券が使えるのかどうか、出産育児一時金の請求に必要な書類等はないかどうか等確認しておきましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用・助成金・給付金に関する記事

妊娠・出産にまつわる補助金や助成金などの種類を知ろう!

妊娠・出産には様々な費用がかかりますが、それに対する補助金や助成金がでる場合...

検診の費用が大幅に軽減する助成金制度を利用しよう!

妊娠していることがわかったら、定期的に検診を受けていくことになります。1回あたり...

費用・助成金・給付金の体験談

ちょっと悲しかった夫の発言

愚痴になりますが・・・。ちょっと愚痴になりますが、主人に言われた言葉に悲しい気持ちになりました。 ...

カラダノートひろば

費用・助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る