カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. アミラーゼ・リパーゼ >
  5. リパーゼの値を調べる検査って?検査方法や検査判定

健康診断・健康管理

リパーゼの値を調べる検査って?検査方法や検査判定

        

リパーゼは、脂肪の中でも特に、中性脂肪を分解する働きを担っている消化酵素です。そのリパーゼの値を検査すると、膵臓疾患の有無について調べることができます。

こちらでは、そのリパーゼの検査方法や検査判定について簡単にご紹介します。

 

◆リパーゼの検査方法と検査結果の判定って?

・検査方法

採取した血液を遠心分離器にかけ、それで得られた血清部分を自動分析器でリパーゼの値を測定します。

 

・検査結果の判定

上記の方法による検査でリパーゼの値が異常値を示していて、さらに患者さんに激しい腹痛(急性腹症)の症状が伴っている場合、高い確率で膵臓疾患を発症していることが考えられます。

また、急に正常値の4~5倍までに値が高くなった場合には急性膵炎であると考えられます。

しかし異常値が基準値の2~3倍に留まり、かつその高い値を示している期間が長期にわたるものの場合ですと慢性膵炎やすい臓がん、そして膵嚢胞などの疾患が発症していると考えるのが一般的です。

 

また、肝臓の疾患が生じている場合にも、少しではあるもののリパーゼの値の上昇が見られます。腎不全などの腎臓の働きが低下し排泄機能が低下した場合には、持続的にリパーゼの値が高くなります。

 

リパーゼは、よくアミラーゼの値と比較・検討されます。

しかし、アミラーゼとリパーゼを比べた時、リパーゼの比が高くなっている場合には、アルコールによる膵炎が考えられます。

さらに、治療により急性膵炎が快方に向かう際には、リパーゼが正常値になるのが1~2週間ほど遅れます。

このことから、リパーゼの値を調べるのは治療によりきちんと回復しているかどうかを判断するうえでの指標となります。

 

膵臓の病気では、激しい腹痛などの腹部症状が生じるため病気の推測が可能となります。しかしそのような腹部症状がなくリパーゼが上昇している時には、腎臓疾患による排泄機能の低下だと考えられます。

その場合には、尿検査、尿素窒素、そしてクレアチニンなどの血液検査の他に、腎盂造影検査などの精密検査も必要となります。

 

リパーゼの検査では上記のようなことが明らかになります。もしも、検査結果が良くないものであれば、その後医師の指導のもときちんと治療を受けてくださいね。

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_2311.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アミラーゼ・リパーゼに関する記事

アミラーゼ高=すい臓がん?アミラーゼとすい臓の病気の関係

病気が発見されづらいすい臓ですが、すい臓の酵素を調べることで病気発見につなが...

健康診断の血液検査!アミラーゼとは?基準値と考えられる病気について

膵臓の働きを見る為に利用できるのがアミラーゼの量です。アミラーゼとその基準値、...


血液検査のアミラーゼの値で一体何がわかる?アミラーゼによってわかる疾患、膵炎

              血液検査で判明する色々な項目の数値は、様々な疾患...

血液中のアミラーゼからわかることって?アミラーゼから分かる、すい臓の病気

  人間の消化などについて学ぶときに欠かせないのがアミラーゼで、アミラーゼは消...

カラダノートひろば

アミラーゼ・リパーゼの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る