カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 心電図 >
  5. 心電図検査の目的と異常値の場合に考えられる疾患について

健康診断・健康管理

心電図検査の目的と異常値の場合に考えられる疾患について

          

 

手足や胸部に電極を付け、心臓の活動によって生じる電位差をキャッチする安静時の心電図検査が最も一般的に行われています。こちらでは、そんな心電図検査の目的と、検査で異常が見られた場合に考えられる主な疾患について、簡単にご紹介します。

 

 

◆心電図検査の目的

まずはじめに、心電図検査の目的とは、心臓の動きを電気的な波形として記録し、その記録によって心臓の状態を確認することです。とりわけ、心臓の活動に異常が生じることであらわれる不整脈の診断においては欠かすことの出来ない、重要な検査です。

 

最も一般的に行われている心電図検査は、先述の通り安静時の心電図検査になります。これによって心臓肥大や先天性弁膜症などの直接心臓が原因となっている異常は約95%以上の確率で発見することが可能となります。しかし、不整脈を生じさせる様々な疾患の診断の決め手にはなりません。ですから、仮に心電図検査での結果に異常がなかったといって、心臓が正常に機能していると勝手に判断してはいけません。

 

 

◆異常値の場合に考えられる主な疾患について

健康な方でも、不整脈が生じる場合がありますから、不整脈と診断されても決して驚く必要はありません。ただし、不整脈には心肥大や心不全、弁膜症、心筋症、狭心症、そして心臓以外の疾患である腎疾患や血液中の電解質異常、さらに用している薬などによる副作用など、様々な要素が原因として考えられます。

 

ですから、心電図検査だけでなく心電図検査の検査結果を手がかりに、エコー検査や採血、さらには狭心症の検査などを行うことで、何が原因で不整脈が生じているのかを突き止めます。

 

 

不整脈自体は現象です。むしろ、その不整脈が生じている原因が危険なものであるか否かを判断することが重要になってきます。ですので、動機やめまいなど、普段の自覚症状を医師にきちんと伝えることが大切になってきます。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/06/blog-post_1700.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心電図に関する記事

検査で行う心電図からわかること 高カリウム血症で現れる特徴的な心電図って?

  健康診断の検査項目のひとつが心電図の撮影で、心電図はグラフのような形となっ...

心電図検査では何がわかる?心機能の異常など

心臓は筋肉が全身に血液を循環させるために、拡張と収縮を繰り返しています。この...


心電図検査で異常が見られたら?それはどんな病気の可能性が?

  心電図検査は、心臓に関する疾患を早期発見する上で重要な検査です。比較的...

心電図の検査はどういったことをするの?何がわかるの?

  心電図の検査は、心臓の異常などを発見するのに比較的簡単に行える検査です...

カラダノートひろば

心電図の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る