カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 血友病 >
  5. 身に覚えのない内出血~血友病の原因と内出血を起こしやすい場所

気になる病気・症状

身に覚えのない内出血~血友病の原因と内出血を起こしやすい場所

 

ケガをした記憶がないのに内出血がみられるケースの中には、血友病が原因のものがあります。血友病による内出血の特徴を挙げます。

 

 

血友病とは

血友病は血液凝固因子が不足し、出血が止まりにくい疾患です。患者の大部分が男性で、男性10万人あたり7~8人の血友病患者がいます。血液凝固因子が少ない性質は遺伝するため、遺伝的要素が大きな疾患です。ただし遺伝によらない突然変異的血友病も発生し、血友病患者の25%は遺伝的なものか不明だといわれます。

 

 

血友病で内出血が起こる理由

激しい運動やケガによって毛細血管が傷つくと、普通の人なら血小板が損傷部分を塞ぐために凝集し、さらに血液凝固因子が糊の役割を果たして塞ぎます。しかし血友病の人は糊の役割を果たす血液凝固因子が上手く働かず、血液が漏れ続けてしまいます。そのために、ささいな血管の損傷でもひどい内出血に至る可能性が大きくなるでしょう。内出血の量が多いので、大きな出血斑が見られます。

 

 

内出血を起こしやすい場所

◆筋肉

打撲など外傷によるものではなくても、運動による小さなダメージから内出血を起こすことがあります。腫れや痛みも伴うでしょう。

 

◆関節

関節をつつむ関節包という膜の中に出血が起こります。関節包の中に血液がどんどん溜まってしまい、関節を動かしにくくなるでしょう。腫れて熱をもつことも。

 

◆口腔

口腔内の粘膜は傷つきやすく、食事の際に噛んでしまうこともあります。常に濡れているため、ほかの部位よりも止血しづらいでしょう。歯科治療においても注意が必要です。

 

 

血友病は遺伝で起こる場合が多いので、親族の中に血友病の人がいると分かっているならすぐに血友病だと気付くでしょう。ほとんどの血友病患者は、幼児期に診断を受けています。ただ、家族に血友病の人がおらず、大人になるまで症状が出ない軽症の場合もあります。覚えのない内出血が多く、止血に時間がかかると感じているなら検査を受けましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349536.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血友病に関する記事

血友病にはAとBがある!その違いは?より重症度が高いのは血友病A!

  血が止まらなくなることで知られている血友病ですが、正確には血友病Aと血友病...

就職活動の時にどうする?血友病と共に生きるには

           血友病とは、血中に含まれる血液凝固因子が少なく、出血す...


遺伝子異常による血液の病気「血友病」を治療する因子補充療法

  血友病とは性染色体上にある、血液を凝固させる因子が欠損する遺伝子異常に...

カラダノートひろば

血友病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る