カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 足首の関節回りの腫れがひどい!内出血で知る足首捻挫の症状について

気になる病気・症状

足首の関節回りの腫れがひどい!内出血で知る足首捻挫の症状について

 内出血をともなう足のケガの1つが、足首捻挫です。足首捻挫では、内出血の様子から症状を判断することができます。

足首捻挫と内出血の関連について説明します。

 

足首捻挫で内出血が起こる仕組み

足首捻挫は、足首の関節をひねって起こる障害です。ひねった部分では、関節周辺の靭帯が部分的に断裂し、そこから出血しています。断裂の程度が重い、つまり重度の捻挫であるほど内出血の量が増えます。

 

足首の関節回りの腫れがひどい、出血斑が大きい、出血斑が広がるスピードが速いなどの内出血が状態あれば、重症の足首捻挫だといえるでしょう。

 

内出血の位置で分かる足首捻挫の症状

足首捻挫では、関節をひねった方向によって症状が異なります。どちらにひねったかは、内出血の位置で判別できます。

 

◆内反捻挫

ほとんどの捻挫が、内側に足首をひねる内反捻挫です。足首を内側にひねると、外側のくるぶし周辺にある靭帯、主に前距腓靭帯を損傷します。内出血も外側のくるぶしを中心に起こり、腫れが生じます。

 

内反捻挫はどのスポーツでも起こりやすく、1度捻挫すると同じ箇所を捻挫しやすい傾向があります。アイシングや休養など十分な処置が欠かせません。

 

◆外反捻挫

発症例は少ないものの、足首を外側にひねる外反捻挫も起こります。外反捻挫では内側のくるぶし近辺に内出血が見られます。これは、三角靭帯がダメージを受けて内出血するからです。

 

外反捻挫は、内反捻挫よりも強い衝撃が加わって起こる場合がほとんどです。したがって外反捻挫を発症する際は重症になりやすく、内出血の程度も重いでしょう。

 

足首捻挫の後遺症を残さないためには、迅速な処置が必要です。内出血の状態を確認することは、症状を知る重要なポイントになります。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

スポーツする人の足に起こりやすい?爪の内出血「爪下血腫」の原因

 爪の下に内出血が起こり血の塊ができる「爪下血腫」は、スポーツをする人の足に...

アキレス腱はスポーツに欠かせない!簡単に診断できるアキレス腱の断裂

  スポーツ中に負うケガとして重症になるケガのひとつがアキレス腱断裂です。アキ...


漢方薬やツボ…こむら返りは東洋医学で治療!

  運動時や睡眠のときに突然おこる、こむら返り。ピリピリとした痛みがつらいです...

美脚マッサージでアザが!脚のマッサージと内出血について

足やせのマッサージで足がアザだらけという話をしばしば聞きます。セルライトを解...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る