カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. スポーツ障害や膝関節変形症など…膝に起こる内出血の原因と症状について

気になる病気・症状

スポーツ障害や膝関節変形症など…膝に起こる内出血の原因と症状について

足に起こる内出血のうち、膝の内出血はほかの部位とは異なる特徴があります。

膝の内出血の原因と症状を挙げます。

 

膝の内出血の原因

転倒や、硬いものとの衝突で打撲傷を負うのが、一般的な内出血の原因です。膝でもこのような原因で内出血が起こることが多いのですが、膝ならではの内出血もみられます。

 

たとえば「オーバーユース」「ランナーズニー」「使いすぎ症候群」などと呼ばれるスポーツ障害で膝を損傷すると、内出血することがあります。加齢による膝関節変形症も、内出血の原因です。

 

膝には体重の負荷がかかり、運動時の衝撃が大きいのでダメージを受けて内出血しやすいでしょう。

 

膝の内出血の症状

軽い打撲なら、ほかの部位と同じように少量の内出血と出血斑が確認できます。内出血を生じてから数週間以内に自然治癒するでしょう。

 

膝に重傷を負う、慢性的な障害が起こった時の内出血では、「膝に血がたまる」状態になります。膝関節を包む関節包の中に、内出血によって流出した血液が滞留する症状です。

 

膝関節周辺が熱をもって腫れる、痛む、たまった血液で関節の動きが制限され、可動域が狭くなるなどの症状も現れるでしょう。

 

膝の内出血につながるケガや疾患

◆半月板損傷

膝関節の軟骨組織である半月板に負荷がかかって損傷します。スポーツや加齢のどちらでも起こりうる障害です。激しいスポーツをする人にも多いでしょう。

 

半月板の欠片が周囲の組織を傷つけて内出血します。膝が固定されたように感じ、曲げ伸ばしができなくなるかもしれません。

 

◆靭帯損傷

ひざの靭帯に強い衝撃が加わって損傷したり断裂したりします。その際に内出血が起こるでしょう。損傷時に異音と強い痛みをともなうケースもあります。

 

◆血友病

出血を止めるための血液凝固因子がはたらかない血友病は、ささいな衝撃や動作でも関節で内出血が生じます。

 

膝周辺が大きく腫れるような内出血では、重大な障害が起こっている可能性があります。応急処置として患部を冷却しながら病院へ急いでください。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膝に関する記事

筋肉の収縮に成長期の子どもの骨がついていかない…オスグッド病って何?

  すでに成人になっていれば、成長期に成長痛を経験したことがある人も多いと思い...

もしかしてこの症状ってスポーツ障害?半月板損傷の症状は○○だ!

どのスポーツでも多く起こるスポーツ障害に、膝の半月板損傷があります。半月板損傷...


コンディションは万全?腸脛靭帯炎(ランナー膝)予防のチェックポイント

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の予防には、スポーツをする際の環境や条件を見直すことが...

腸脛靭帯炎「ランナーズニー」の症状を知ろう!初期から慢性化まで

 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は徐々に症状が悪化し、やがて慢性化するス...

カラダノートひろば

膝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る