カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. スポーツ障害や膝関節変形症など…気になる症状とセルフチェック方法

気になる病気・症状

スポーツ障害や膝関節変形症など…気になる症状とセルフチェック方法

 

 

足に起こる内出血のうち、膝の内出血はほかの部位とは異なる特徴があります。

膝の内出血の原因と症状を挙げます。

 

膝の内出血の原因

転倒や、硬いものとの衝突で打撲傷を負うのが、一般的な内出血の原因です。膝でもこのような原因で内出血が起こることが多いのですが、膝ならではの内出血もみられます。

 

たとえば「オーバーユース」「ランナーズニー」「使いすぎ症候群」などと呼ばれるスポーツ障害で膝を損傷すると、内出血することがあります。加齢による膝関節変形症も、内出血の原因です。

 

膝には体重の負荷がかかり、運動時の衝撃が大きいのでダメージを受けて内出血しやすいでしょう。

 

膝の内出血の症状

軽い打撲なら、ほかの部位と同じように少量の内出血と出血斑が確認できます。内出血を生じてから数週間以内に自然治癒するでしょう。

 

膝に重傷を負う、慢性的な障害が起こった時の内出血では、「膝に血がたまる」状態になります。膝関節を包む関節包の中に、内出血によって流出した血液が滞留する症状です。

 

膝関節周辺が熱をもって腫れる、痛む、たまった血液で関節の動きが制限され、可動域が狭くなるなどの症状も現れるでしょう。

 

膝の内出血につながるケガや疾患

・半月板損傷

膝関節の軟骨組織である半月板に負荷がかかって損傷します。スポーツや加齢のどちらでも起こりうる障害です。激しいスポーツをする人にも多いでしょう。

 

半月板の欠片が周囲の組織を傷つけて内出血します。膝が固定されたように感じ、曲げ伸ばしができなくなるかもしれません。

 

・靭帯損傷

ひざの靭帯に強い衝撃が加わって損傷したり断裂したりします。その際に内出血が起こるでしょう。損傷時に異音と強い痛みをともなうケースもあります。

 

・血友病

出血を止めるための血液凝固因子がはたらかない血友病は、ささいな衝撃や動作でも関節で内出血が生じます。

 

膝周辺が大きく腫れるような内出血では、重大な障害が起こっている可能性があります。応急処置として患部を冷却しながら病院へ急いでください。

 

腸脛靭帯炎「ランナーズニー」が起こる仕組みとは?原因になるスポーツは○○!

腸脛靭帯炎は「ランナー膝」「ランナーズニー」などとも呼ばれるスポーツ障害です。主にどんな原因で起こるのかをまとめました。

 

腸脛靭帯炎が起こる仕組み

腸脛靭帯は、太ももの外側にあります。膝を曲げると後方に移動し、膝を伸ばすと前方に動きます。この動作で大腿骨外顆という骨と腸脛靭帯が接触して摩擦が起こり、やがて炎症にいたります。腸脛靭帯は大転子という足の付け根にある骨から脛骨までつながっています。

ほとんどの場合は脛骨の部分で炎症が起こるため、膝が痛みます。足の付け根部分で炎症が起こるケースは、少ないでしょう。

 

どんな動作で炎症を起こすか

膝の曲げ伸ばしをする動作に加え、体重など負荷がかかると腸脛靭帯炎を発症しやすくなります。スポーツでいえばランニングでの発症が最も多いでしょう。登山のように上り下りがあると、より負荷が大きくなり、発症リスクも高まります。

ほかにもバスケットボール、自転車競技、水泳、トライアスロン、スキー、エアロビクス、ダンスなどで腸脛靭帯炎の可能性があります。階段や坂道での足腰強化トレーニングは、腸脛靭帯に大きな負担がかかります。上りより下りの方が要注意です。

 

コンディションも一因

かかとのすり減った靴を履いている、走る際に体重が左右どちらかに偏っているなど、脚にかかる負荷が上手く吸収できないと腸脛靭帯炎になりやすいでしょう。

地面や床が硬いと脚にかかる衝撃が大きいので、腸脛靭帯を損傷する危険があります。坂道、階段でのランニングも負荷がかかりやすいでしょう。

O脚の人は、そうでない人に比べて走るフォームが不安定な傾向があり、膝を傷めることも多いようです。

膝の曲げ伸ばしは、どんなスポーツでもする動作です。ストレッチを念入りにして、痛みがある時は早目に検査を受けてください。

 

もしかしてこれって腸脛靭帯炎の前兆?気になる症状とセルフチェック方法

中長距離を走るランナーに多いスポーツ障害・腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は、健康志向の高まりやジョギングブームによって市民ランナーの発症も増えています。

 

長くスポーツを楽しむためにも、腸脛靭帯炎の前兆に気づき、適切な対処をしましょう。

 

気付きにくい腸脛靭帯炎の前兆

運動中や運動後に膝、足の付け根などに痛みを生じるのが腸脛靭帯炎の主症状です。しかし、この段階に至るかなり前から腸脛靭帯の炎症は始まっています。

 

長距離のジョギング、登山、坂道や階段の上り下りなど膝を酷使するスポーツをした後、太ももの外側が張っているように感じたことはありませんか?

テニスやバスケットボールといった激しい動きをともなうスポーツの後、膝周辺に違和感をもったことは?

 

その、運動後に起こる「張り」や「違和感」が、腸脛靭帯炎の前兆です。

筋肉痛などと間違いやすく、ごく初期の腸脛靭帯炎では症状がほとんど出ないケースも多いため非常に気づきにくいでしょう。

 

違和感の位置がポイント

腸脛靭帯は太ももの外側にあり、足の付け根から脛骨までつながっています。膝の曲げ伸ばしによって骨と腸脛靭帯の摩擦によって炎症が起こります。

炎症が起こりやすいのは、足の付け根と膝周辺です。

 

運動後に違和感が生じた場所がその2箇所付近なら、腸脛靭帯炎の可能性があります。太ももの外側も腸脛靭帯がある位置なので、1つの目安になります。

 

セルフチェック

グラスピングテストといって、簡単に腸脛靭帯炎か否かを調べる方法があります。

 

(1)まず膝を曲げたまま、太ももの外側(膝の少し上)を親指で圧迫します。

(2)次に圧迫したまま膝をゆっくり伸ばします。膝の角度が30度くらいで痛みがあれば、腸脛靭帯炎の可能性大です。

 

腸脛靭帯炎に限らず、ほとんどのスポーツ障害は早目に対処することで症状の進行を防げます。膝の違和感は、できるだけ早く受診してください。

 

半月板損傷の最近の手術とは?半月板損傷の基本知識

ひざのケガである半月板損傷ですが、具体的にはどのような症状がみられ、診断・治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

半月板損傷の代表的な症状

半月板が損傷した場合、ひざ関節部分に痛み・腫れ・関節を動かした際にひっかかる感じがする、といった症状が発生します。さらに、膝を深く曲げた場合は膝関節に強い痛みが生じます。また、損傷した半月板が関節内で引っかかることもあり、そのような場合、ロッキングと呼ばれるひざが動かない症状も発生します。

 

半月板損傷に対する治療方法

半月板損傷に関しては、保存療法を採用し、膝の周囲の筋肉をつけていくことが効果的とされています。しかし、症状が重い患者の場合は、保存療法だけでは半月板が膝関節にひっかかり、関節軟骨の損傷や膝関節の拘縮が発生するリスクが高まるため、手術的治療も検討されます。

 

半月板損傷に対する手術

手術的治療の場合、従来は半月板の全切手術が行われていましたが、半月板を切除してしまうと将来的に、高齢になった際に変形性膝関節症のリスクが高まることが近年の研究で明らかになってきました。そのため、現在では出来る限りもともとある半月板を温存する半月板の部分切除術が主に採用されています。

 

この場合、関節鏡を用いて半月板の損傷の程度を確認し、縫合できる場合は縫合術を用い、そうでない場合は痛んだ部分のみを切除するという方式がとられます。

 

手術を行った場合の入院期間としては、最短で3日程度と紹介している病院もあり、あまり患者に負担をかけないような形になっています。

手術翌日から松葉杖や歩行器を用いて歩行を開始することができ、松葉杖がうまく使える場合は手術の翌日に退院できる患者もいるようです。

 

膝はスポーツに限らず、日常生活でも大切な体の部分です。ここにある半月板が損傷してしまうと日常生活にも支障が発生してしまいます。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-07掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外傷(ケガ)に関する記事

冬に多い怪我!危険性・死亡の割合とは?スポーツ障害、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の症状と特徴

  全盛期よりも少なくなったとはいえ、スキーやスノーボードをする人はある程度い...

突き指で指の関節が曲ったまま伸ばせない!~突き指の症状と槌指の原因と仕組み~

 突き指など指のケガに、関節が伸びなくなってひどい内出血が見られる「槌指」と...


大腿骨近位部骨折のリハビリ期間は年齢によって差が出る?高齢者の骨折&交通事故・転落事故での骨折

大腿骨近位部骨折は、股関節の近くの骨の骨折で、老人にはよく見られる骨折で...

内出血によるアザの種類と特徴は?アザを隠す・消す方法、「グルタミン」が治療を助ける!?

 内出血によってできる「アザ」は、内出血の状態によって色や大きさが異なります...

カラダノートひろば

外傷(ケガ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る