カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 下腿 >
  5. 内出血と腫れをいかに抑制するかが大切!ふくらはぎの肉離れの治療法

気になる病気・症状

内出血と腫れをいかに抑制するかが大切!ふくらはぎの肉離れの治療法

 

大きな内出血をともなう足のケガの1つが、肉離れです。特にふくらはぎは肉離れの好発部位です。

 

ふくらはぎの肉離れ治療の過程を内出血の状態と合わせて説明します。

 

肉離れで内出血が起こる理由

ふくらはぎの肉離れは、腓腹筋の内側頭中間部などが損傷する障害です。内出血は、この損傷した組織からのものです。

 

内出血のコントロールが治療のカギ

ふくらはぎの肉離れでは受傷直後から内出血が始まり、数日でふくらはぎ全体からアキレス腱、足首まで広がることも珍しくありません。

 

大量の内出血と腫れをいかに抑制するかが、治療のポイントです。

 

内出血を抑える初期治療

まず触診とエコー検査によって肉離れを起こした位置と程度を確認します。次に初期治療としてアイシングと圧迫を施し、内出血と腫れを早急に抑えます。

 

アイシングと圧迫は、受傷直後から48時間、重症なら72時間を目安に行います。圧迫は筋肉をもとの位置に固定するための方法で、包帯やテーピングをしっかり巻き付けます。ただし腫れているふくらはぎがうっ血しないよう定期的に圧迫を緩め、再び圧迫する作業を繰り返します。

 

受傷部分の細胞が酸素と栄養不足にならないよう、初期治療で内出血を抑える必要があります。

 

内出血が治まった後の治療

受傷後2週間ほどで内出血の跡は青く変色しているでしょう。重力で内出血した血液が下がり、足の甲まで広がっているかもしれませんが、新たな内出血が見られなければ心配不要です。

 

内出血とともに腫れも治まりはじめているので、マッサージや温熱療法で筋肉の修復を助けます。この段階で強い力を加えると、再び組織が傷ついて内出血が起こってしまいます。

 

内出血の状態を確認しながら、慎重に行いましょう。

 

回復期の治療

受傷後4週間くらいになると、内出血の跡は青緑や黄色がかった色になっているでしょう。腫れも引く時期です。この段階では治療よりもリハビリが中心になります。適度な負荷をかけ、筋肉の強度と柔軟性を取り戻します。

 

内出血を早く抑え、再び内出血をしないような治療が必要です。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

下腿に関する記事

太ももやふくらはぎに感じる痛み…もしかしたら肉離れかも?

肉離れはイメージからして肉が骨からはがれるようなイメージがあるかもしれませんが...

知っておこう 3段階で見る、アキレス腱断裂の症状

  スポーツで起こりやすい肉離れは、瞬間的に大きな筋収縮を強制されたときに、筋肉...

カラダノートひろば

下腿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る