カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ネイルケア >
  4. 原因はジェルネイル?!爪に内出血が起こる仕組みと注意点

美容・ダイエット

原因はジェルネイル?!爪に内出血が起こる仕組みと注意点

指先を彩るジェルネイル。オシャレを楽しむ人には欠かせないアイテムですが、ジェルネイルによる爪の内出血トラブルも多いようです。ジェルネイルで爪に内出血が起こる仕組みと注意点について述べます。

 

問題は「オフ」にある

ジェルネイルを爪から取り除く「オフ」の際に内出血の主な原因が潜んでいます。オフの仕方はジェルネイルのタイプによって異なります。

 

◆ソークオフジェル

専用のリムーバーを使ってジェルネイルを溶かしてオフします。手軽で人気がありますが、含まれているアセトンで爪が傷むことも。内出血は起こりにくいタイプです。

 

◆スカルプチュア(ハードジェル)

リムーバーではなく、ファイル(ヘラ)を使って削り落とすのがオフの方法です。削りすぎると自爪が薄くなるので注意が必要です。薄くなった爪がはがれて内出血を起こすケースもあります。爪が薄いと、ささいな衝撃で容易に内出血に至ります。

 

ジェルを徹底的にオフしようと、削りすぎるのが内出血の大きな原因です。

 

ジェルネイルが爪にかける負担

オフはもちろん、ジェルネイルには爪を弱くする要因がいくつか含まれています。まず、装着時のUVライトは肌や爪の乾燥を促進します。

 

常にジェルネイルを装着していると爪が密閉されている状態になり、新陳代謝が不活発になります。ジェルネイルと自爪の間にカビが生えたケースもあります。このような負担が重なって爪が弱くなり、内出血や爪の剥離につながります。

  

ジェルネイルによる内出血を防ぐ

爪にかかる負担を少しでも軽くして、内出血を防ぎましょう。オフの際に削りすぎない、ジェルネイルを使い続けず、爪を休める期間を設けるだけでも、内出血予防になります。

 

健康な爪を保ちつつ、ジェルネイルを楽しみましょう。

 

「美容・ダイエット」で人気の記事はこちら

●ジェルネイルの除光液『アセトン』の取り扱いには注意が必要!

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ネイルケアに関する記事

意外と知らない?爪の色知識

 ■毎日みているのに意外と知らない  最近はネイルアートなどを楽しまれている方...

ネイルの除光液「アセトン」は人体に有害?知っておきたい健康被害事例と代替品

近年ではジェルネイルが定着し、自宅でも自分で出来るキットが販売されるようになり...


保湿・マッサージ・爪やすりで☆爪の割れを防ぐ方法

せっかくのネイルアートも、爪が割れてしまっては台無しです。美しいネイルには、健...

乾燥の季節。割れやすい爪を強くする生活まとめ

  二枚づめ、かけやすい爪、白っぽい爪…いつまでたっても爪が綺麗にならなく...

カラダノートひろば

ネイルケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る