カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. スポーツする人の足に起こりやすい?爪の内出血「爪下血腫」の原因

気になる病気・症状

スポーツする人の足に起こりやすい?爪の内出血「爪下血腫」の原因

 爪の下に内出血が起こり血の塊ができる「爪下血腫」は、スポーツをする人の足に多い症状です。スポーツによる爪下血腫の原因を挙げます。

 

足の爪には圧力がかかりやすい

爪下血腫は内出血の1つで、手足どちらの爪にも起こります。

 

スポーツをする人の足に爪下血腫が多いのは、継続的に負荷がかかり続けているからです。ランニングで足を地面につく、ジャンプの着地、激しい動きが要求されるスポーツでは、その度に足の爪(特に親指)に大きな力がかかっています。

 

1回あたりの負荷は扉に爪を挟んで内出血するような強さでなくても、積み重なっていくうちに内出血に至ります。

 

爪下血腫が多いスポーツ

ランニングは繰り返し足の爪に負荷がかかるため、日常的に長距離を走る人は爪下血腫のリスクが高いでしょう。サッカー、バスケットボール、テニスなど、試合時間が長く走り続けなければならないスポーツも、爪下血腫が頻発します。

 

スポーツ時の足元にも原因あり

爪下血腫を起こりやすくするのは、足元の状態も関係します。最も需要なのが靴のサイズ。きつすぎる靴は足指を強く圧迫し、それだけで内出血に至りかねません。サイズが大きすぎても靴の中で足が動き、摩擦によって内出血が起こるでしょう。靴下を履かず、素足で靴を履く人も要注意です。

 

地面や床が濡れている、デコボコしているのも爪下血腫を誘発します。足元の安定がポイントです。

 

爪下血腫予防法

足の爪への負担を軽くすることが予防になります。サイズが合った靴を履き、指先をテーピングする、ワセリンを塗って摩擦を和らげる方法があります。爪下血腫になってしまったら、運動を休んで様子を見ましょう。

 

足元の装備に留意して、スポーツによる爪下血腫を避けましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

ちょっとした痛みでも放置厳禁!「捻挫」は病院に行くべき?!

日常で起きやすい、けがのひとつが「捻挫」ですね。   捻挫は、足をひねっ...

アキレス腱炎の治療法 保存療法が有効です!アキレス腱への負担を軽減させよう

普通に歩いたり、走ったりしていてアキレス腱に痛みを生ずる場合は、アキレス腱炎...


スポーツをしている人に多い?足裏の内出血は足底筋膜断裂が原因かも…

スポーツをしている人は、足裏に内出血を生じることがあります。これは足底筋膜(...

中高年は注意!アキレス腱断裂の前兆、アキレス腱炎

  健康志向の高い人は、中高年になってから運動を始める人もいます。運動は最初は...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る