カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 巻き爪 >
  5. 生えかわる過程で巻き爪に?爪下血腫から起こる巻き爪の症状と予防

気になる病気・症状

生えかわる過程で巻き爪に?爪下血腫から起こる巻き爪の症状と予防

 

爪の下が内出血を起こして血栓ができる爪下血腫は、ほとんどの場合は自然治癒するので心配不要です。しかし足指の爪では、爪下血腫から巻き爪になることもあります。爪下血腫と巻き爪の症状をまとめました。

 

爪下血腫で起こる巻き爪

打撲や圧迫によって足指の爪に爪下血腫を生じた場合、爪が生えかわるのを待てば血腫が自然に消え、元通りの爪になります。しかし爪が生えかわる過程で巻き爪になる可能性もあります。重度の内出血で大きな血栓が生じたり、爪下組織にダメージが加わったりすると、巻き爪のリスクが高いでしょう。

巻き爪は指に対して爪の曲率が増す状態です。指の上面に対して60度以上の巻きが生じると痛みも強くなります。爪下血腫の部分で爪が浮き上がり、爪先が巻いてしまうケースが多いようです。

ケガによる爪下血腫では、打撲などによって足が痛むので足に負担がかからないようにしがちです。足に負荷がかからない状態だと、巻き爪が生じやすいといわれます。

 

巻き爪の症状

爪先の両端が湾曲して指先に食い込んでくる状態が巻き爪です。足指に多く生じ、足先が細くなった靴を履くと頻発します。足に力を入れて踏みしめる動作で痛みが起き、階段の昇降、ランニング、登山などで痛みが強まります。

巻き爪から爪の先端が指に食い込む陥入爪に至るケースもあり、早急な処置が必要です。

 

爪下血腫から巻き爪にならないためには

爪下の内出血が激しく、大きな血栓ができた場合は、自然治癒に任せず外科や整形外科、形成外科を受診しましょう。爪に穴をあけて血を抜く処置を受けられます。巻き爪の傾向がみられた時も、医師に見せた方が良いでしょう。

 

 

巻き爪は悪化すると歩行時にも痛みを感じます。爪下血腫を軽く考えず、程度が重いなら病院へ行くことをお勧めします。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/01/09-032645.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

巻き爪に関する記事

内臓疾患の兆候としての爪異常とは?

  正常ならばスッキリとした綺麗な形状で発育する爪ですが、様々な要因で爪の形が...

爪の異常を予防するための対策とは

  爪の異常を予防すると一口に言っても、その原因は様々なものが考えられます...


正しい爪の切り方をしよう!巻き爪防止

  爪の切り方は大事です。 爪の切り方をあやまると、爪が正しく伸びていかないた...

爪への兆候が現れる疾患の治療法とは?

  爪に異常が現れたからと、爪にだけ問題があるとも限りません。 爪は内臓の...

カラダノートひろば

巻き爪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る