カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 膠原病 >
  5. 爪の甘皮に小さく黒い点が!全身性強皮症で起こる内出血の症状「爪上皮出血点」

気になる病気・症状

爪の甘皮に小さく黒い点が!全身性強皮症で起こる内出血の症状「爪上皮出血点」

爪に関係する内出血のほとんどが、ケガなどによって爪の下に起こります。ところが全身性強皮症という疾患では、爪の甘皮(爪上皮)に内出血が生じます。全身性強皮症による内出血について説明します。

  

全身性強皮症による爪の内出血

爪の甘皮の部分に小さく黒い点や線のようなものが生じるのが、全身性強皮症による内出血の特徴です。黒いものは「爪上皮出血点」といい、かすれた線状に現れる場合が多いでしょう。赤色や青紫色など内出血でできる一般的なアザとは違い、大部分が黒色です。

 

内出血の原因、全身性強皮症とは?

全身性強皮症は膠原病に属する自己免疫疾患で、皮膚や肺、腎臓などの臓器が硬化(線維化)します。硬化する臓器によって肺線維症、不整脈、肺高血圧、腎性高血圧などの合併症が起こります。

 

血管障害が内出血に関係している?

全身性強皮症を発症すると、血管障害がみられます。血管が硬化して弾力性を失い、血流が悪化します。爪上皮出血点がなぜ起こるかはハッキリしていませんが、血管障害が原因だと考えられています。

 

爪上皮出血点以外に起こる全身性強皮症の症状

爪上皮出血点は、全身性強皮症の初期や前段階に出現します。同じくごく初期や発病の数年前から生じるのが、レイノー症状です。レイノー症状も血管障害が原因で、寒冷刺激によって手指が真っ白や紫色に変化してしまいます。指先の血流が悪化し、手のひらが「血の毛を失った」状態になります。

 

爪上皮出血点を見つけたら

爪の甘皮に出血点が生じたら、必ず全身性強皮症だというわけではありません。覚えがないケガで内出血をした可能性もあります。強皮症には皮膚にしか症状がでないものもあり、内臓が硬化しないケースもあります。レイノー症状が起こる、家族に膠原病の人がいるなど思い当たる節があれば、病院で皮膚生検を受けてください。

 

全身性強皮症は、早期発見をして専門医にかかることが大切です。日常生活の中でも不要な刺激を避け、症状の悪化を防げるでしょう。  

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膠原病に関する記事

消化管バリア機能の低下は「炎症性腸疾患」の発症につながる?「乳酸菌とケルセチン」の有効性

クローン病や潰瘍性腸症候群などの炎症性腸疾患(自己免疫疾患)の発症原因の...

シェーグレン症候群と妊娠・出産

ドライアイや口内の乾燥、皮膚乾燥など、全身の乾燥が起こるシェーグレン症候群。 ...


自宅でも血球数を自己測定できる!その必要な器具と手順について

シェーグレン症候群は、乾燥症状・慢性疲労・関節痛を中心とした自己免疫疾患です...

急速にステロイドを中止すれば「リバウンド・副腎不全」の可能性?~正しいステロイドの離脱方法

副腎皮質ホルモンの人工的な合成剤であるステロイド剤は、自己免疫疾患などに...

カラダノートひろば

膠原病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る