カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 献血 >
  4. 血管が損傷して皮内に血液が漏れる?!注射をすると腕に内出血が起こる原因

健康診断・健康管理

血管が損傷して皮内に血液が漏れる?!注射をすると腕に内出血が起こる原因

 

腕に注射や点滴、採決の針を刺した跡が大きな内出血になり、驚いた経験はありませんか?人によっては腫れたり痛んだりします。外見上も気になるでしょう。医療行為で針を刺した後に生じる内出血の原因をまとめました。

 

 

注射で内出血が起こる理由

内出血は、血管が損傷して皮内に血液が漏れる症状です。注射や点滴では針が直接血管に刺さるため、その針を抜くと血管から血液が漏れます。

 

内出血の量が多くなる要因

最も大きな要因は、止血不足です。針を抜いた後、消毒綿などを渡されて「押さえておくように」といわれます。これは止血のためで、しっかり押さえておかないと十分に止血できず、内出血がひどくなります。

 

◆医療者側の要因

なかなか血管に針が刺さらず、何度か刺し直しをすると血管を傷ついて内出血の量が増えます。点滴のように長時間針を刺し続ける場合、針の固定がゆるいと途中で針が動いて内出血の原因になります。針を入れる角度など、技術的な面も関係しているでしょう。

 

◆患者側の要因

体質や条件によって、内出血しやすい人もいます。入院や持病のために繰り返し点滴や注射をしていると、血管が硬化して容易に内出血を起こします。血管がもろくなっていることもあるでしょう。

血液に含まれる血小板は、損傷した血管を塞いで止血する役割を果たします。病気などで血小板が少ない人は止血しづらく、内出血がひどくなりがちです。脳血管障害や心疾患治療のために血栓ができにくい薬(ワーファリン、パナルジンなど)を服用している人も同様に、止血しづらい状態です。

高齢者、痩せている、血管が細い、血管が深い位置にある人も、内出血をしやすいでしょう。

 

 

注射後は針を刺した部分とその周囲をしっかり圧迫し、しっかり止血してください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/29-382656.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

献血に関する記事

空腹時の献血はNG?その理由とは…?

  病気や突然の事故などにより、輸血を必要とする人の数は年々増加する傾向に...

英国滞在歴に対する規制が緩和されたって知ってた?

                  献血では様々な制限項目が設けられており、...


エイズ検査は献血ではなく、保健所を利用しよう!検査の流れ

献血で集められた血液は、輸血用の血液として患者さんへと受け継がれています。 ...

献血での検査の目をかいくぐる「ウィンドウピリオド」とは?

        命の危険が迫っている患者さんの命を救っている有効な手段の1つ...

カラダノートひろば

献血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る