カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 肘や腕の内側に内出血…上腕骨内側上顆炎の症状や発症しやすい人は?「テニス肘(外側型)」とは?

気になる病気・症状

肘や腕の内側に内出血…上腕骨内側上顆炎の症状や発症しやすい人は?「テニス肘(外側型)」とは?

肘や腕の内側に内出血を生じることもある「上腕骨内側上顆炎」。「ゴルフ肘」「テニス肘(内側型)」などとも呼ばれます。

上腕骨内側上顆炎の症状をまとめました。

 

痛む場所

肘を中心に、肘から手首にかけての腕の内側に痛みを生じます。炎症がひどいときは、熱感のある痛みです。

 

肘の上腕骨内側上顆という骨に付着している尺側手根屈筋、長掌筋、浅指屈筋、橈側手根屈筋などへの負荷が原因で発症します。

 

痛みが起こる動作

手首を内側にひねる動作で痛みが強くなります。「ドアノブを回す動作」というと、分かりやすいのではないでしょうか。物を持ち上げる時にも痛みが起こります。痛みとともにしびれを感じるケースもあります。

 

上腕骨内側上顆炎のテストでは、前腕を内側にひねる動作で痛みが生じるかを調べます。

 

内出血が起こる場所

痛みが生じる場所では、組織が損傷して炎症が起こっています。同じ部分に内出血が起こるでしょう。

 

肘の先にある滑液包に炎症が起こり、内出血に至ることもあります。滑液包に内出血の血液が溜まり、大きく腫れあがってしまう人もいます。

 

上腕骨内側上顆炎を発症しやすい人

「テニス肘(内側型)」「ゴルフ肘」ともいうように、ラケットなどを握ってボールを打つスポーツをしている人に多く見られます。ボールを打つ時に、手関節の力で打とうとすると、負荷が大きくなって発症しやすいでしょう。

 

最近ではスポーツに限らず、携帯電話、ゲーム機のコントローラー、パソコンなどを長時間使用し、手首に負荷がかかって上腕骨内側上顆炎になるケースもあります。

  

手首や前腕の内側に負担がかかっていれば、スポーツをしている人でなくても「テニス肘」「ゴルフ肘」になります。肘の内側に内出血や腫れ、痛みがあるなら検査が必要です。

 

 

野球肘「上腕骨内側上顆炎」とは一体なに?原因は?

野球を長年していて、「肘を壊した」という表現をよく聞くことがあります。これは、野球によって肘を痛めてしまって野球が出来なくなったことを意味します。正式名称は「上腕骨内側上顆炎」(じょうわんこつないそくじょうかえん)といいます。いったいどのような症状なのでしょうか?

 

野球肘とテニス肘は同じ

野球肘とは、野球の投球のしすぎが原因でおこる肘関節部位の炎症です。野球以外のスポーツでも同じように肘を駆使するスポーツには多く見られるスポーツ障害であり、テニスで同じ炎症が起きた場合は「テニス肘」といいます。症状は、しびれや痛み、関節のロッキングにより投球などの動作に支障をきたすものです。肘に負担のかかるスポーツにはおきやすいスポーツ障害といえるでしょう。

 

原因は?

野球肘の原因は、スポーツ障害の原因と同様、肘の使いすぎです。無理な動作や反復運動により肘に負担がかかりすぎたことが原因とされています。また、投球フォームが乱れていたりすると肘への負担が大きくなり、野球肘になりやすいといわれています。

 

痛みを我慢したり放置すると選手生命の危険性が

特に高校野球などを行っていると、少しの痛みなど我慢して行っているという子供も多いと思います。しかし、この我慢が将来の夢を奪ってしまうことにもなってしまうのです。野球肘は肘に力を入れたり曲げ伸ばしをする際に痛みが生じます。これは無理に筋肉によって引っ張られたりしたことによって、肘の骨が炎症を起こしているからです。中には骨が欠けてしまい、剥離骨折や骨端線離開の可能性もあります。早めに専門医を受診して治療を行うようにしましょう。

 

痛いときは無理はしない

野球を熱心に行っていれば行っているほど、痛みを我慢してプレイしてしまいがちです。しかし、野球肘などは思春期などまだ骨や筋肉が完成していないことが原因で、負荷がかかりやすくなって傷めてしまっているので、早期に休ませ炎症部位を回復させられれば、比較的簡単に治すことができます。無理をしても症状が長引くだけでなく、さらに悪化する可能性もありますし、それが原因で野球を続けられない、などというリスクも出てきます。痛いときは無理をせず休ませることが一番の治療方法だと理解しておきましょう。

 

野球肘も、無理な負荷運動や発達途上の体が原因でおきます。運動前の入念なストレッチや負担がかからないように筋力をつけたり、運動後のアイシングなどで症状が和らげると、予防にもつながります。痛いときには無理は禁物です。

 

 

スポーツ障害に多い疲労骨折!その原因と起こりやすい部位とは?

スポーツ障害の中でも重症で、完治までに時間がかかるのが疲労骨折です。疲労骨折の主な原因を挙げます。

 

疲労骨折が起こる原因

1回では骨折には至らないものの、同じ部位に強い負荷が繰り返しかかって起こる骨折が、疲労骨折です。強度がある針金でも、同じ箇所を何回も折り曲げると断裂します。それと同様に、骨も負荷が蓄積すると骨折します。疲労骨折をした瞬間は1回の衝撃で骨折したように感じますが、それ以前から骨組織の結合が少しずつ傷んでいます。

 

疲労骨折は、どの部位でも起こりうるスポーツ障害です。中でも脛骨の発症率が高く、疲労骨折全体の約50%を占めます。

ジャンプやランニングで着地の際に生じる衝撃が、疲労骨折の大きな原因です。

 

疲労骨折の原因になるスポーツと、好発部位

疲労骨折は、どのスポーツでも発症する可能性がありますが、スポーツによって疲労骨折しやすい部位があります。

 

・野球、ソフトボール、やり投げ…肋骨の疲労骨折

肘頭は力を込めて投げる動作で負荷がかかる部位で、野球、ソフトボール、やり投げによる疲労骨折が目立ちます。意外と多いのが、肋骨の疲労骨折です。

 

・ボート競技、ゴルフ、野球…肋骨

胸部に負荷がかかるスポーツはあまりないように感じますが、ボート競技でオールを力いっぱい漕ぐ、ゴルフや野球で大きくスウィングする際には肋骨に負荷がかかっています。

 

・剣道、柔道、空手、ラグビー…鎖骨の疲労骨折

体をぶつけ合う剣道、柔道、空手、ラグビーでは鎖骨の疲労骨折も珍しくありません。

 

・あらゆる競技…下半身の疲労骨折

下半身の疲労骨折は、あらゆる競技で起こります。脛骨、大腿骨、骨盤、中足骨、足根骨は、ジャンプや全力疾走、長距離のランニングで疲労骨折を起こします。陸上競技やサッカーだけではなく、トレーニングにランニングやダッシュを取り入れているスポーツも要注意です。

 

「同じ部位」に「継続的な負荷」がかかるのが、疲労骨折の原因です。

骨折するほど強い衝撃を受けていないのに骨折のような強い痛みがあるなら、疲労骨折を疑ってください。

 

内出血を起こす腕・肘のケガ~テニス肘やゴルフ肘の治療に使われる薬

内出血や腫れをともなうこともある「テニス肘」や「ゴルフ肘」の治療に使われる薬について、説明します。

 

ジクロフェナク

「ボルタレン」の商品名で知られる、非ステロイド性の抗炎症薬です。テニス肘やゴルフ肘、関節リウマチ、変形性関節症などに対し、鎮痛・消炎の目的で投与します。

副作用には胃のムカつきや下痢、口内炎、発疹などがあります。尿量の減少、呼吸困難、じんましんは重度の副作用の兆候です。服用を中止して医師に相談してください。

 

フェルビナク

外用薬として広く用いられる抗炎症薬です。軟膏、貼り薬として処方されます。非ステロイド性の抗炎症薬で比較的作用が穏やかなため、安心して使えるメリットがあります。皮膚から有効成分が浸透し、炎症の原因になるプロスタグランジンという物質の生成を阻害します。

副作用としては、まれにかぶれや痒み、発赤、発疹が起こります。

 

痛みが強い時

炎症がひどく、痛みも強い時にはステロイド薬や局所麻酔を用いることもあります。効果が強い分、副作用も心配されるので、一時的な使用に限られます。

 

薬以外の治療法

◆固定

肘に負担をかけないことが、第一の治療法です。ギプスやサポーターで固定します。

 

◆アイシング・温熱療法

患部を冷やしたり、温めたりする治療法です。内出血の状態をみながら治療を進めます。受傷直後は内出血を抑えるために患部を冷やすアイシングを施します。内出血と腫れが治まったら、蒸しタオルなどで温めて組織の修復を促します。

ごく初期のテニス肘なら、アイシングが効果的です。

 

◆ストレッチ

肘周辺の筋肉や腱の柔軟性を高めることが、回復と再発防止に役立ちます。炎症があるうちにストレッチをすると症状が悪化するので要注意です。

 

症状の程度や回復の段階に合わせ、いくつかの治療を組み合わせることが多いでしょう。

 

肘に内出血を起こすスポーツ障害「テニス肘(外側型)」とは?内出血の種類と症状

肘に内出血を起こす、スポーツ障害の「テニス肘」。障害を起こす部分によって「外側型」と「内側型」に分けられます。ここでは、テニス肘の大部分を占める外側型、「上腕骨外側上顆炎」の症状を解説します。

 

上腕骨外側上顆炎の症状

痛みが生じる場所、感じ方などに特徴があります。

 

◆どこが痛むか

肘の外側に位置する、飛び出したように隆起している骨の周辺が痛みます。これは「外側上顆」と呼ばれる場所で、この部分に手首を返す動きをつかさどる筋肉群が付着しています。この中の「短橈側手根伸筋」という手の関節を伸展させる筋肉に負荷がかかると、腱が断裂して炎症を起こし、痛みを生じます。

 

◆どんな時に痛むか

手首を返す動き、テニスでいえばバックハンドストロークを打つ動きで痛みを感じます。日常生活の中では、雑巾を絞るように「物をつかんでひねる」動作で痛みが生じるでしょう。重いものを持ち上げる瞬間にも痛みを感じます。安静時に痛みはありません。

 

◆内出血の状態

外側上顆に付着している伸筋腱が損傷して内出血が起こります。炎症も同時にみられ、肘の外側部分に内出血と熱感を生じるでしょう。

 

・テニス肘の症状を確かめる検査

上腕骨外側上顆に負荷をかけ、痛みの有無で症状を確かめます。

 

◆中指伸展テスト

腕と手指を伸ばしてから中指を押し、痛みの様子をみます。

 

◆トムセンテスト

肘を伸ばしてから手首を反らせ、痛み方を調べます。

 

どちらも、テニス肘の症状が現れる特徴的な動きを利用したテスト方法です。レントゲンやエコー画像から、伸筋腱の付着部分に炎症が起こっているかを検査することもあります。

 

テニス肘を発症したら、肘に負担をかけないよう休ませなくてはなりません。該当する症状、肘の内出血があるなら整形外科などを受診してください。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-25掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外傷(ケガ)に関する記事

大腿骨近位部骨折のリハビリ期間は年齢によって差が出る?高齢者の骨折&交通事故・転落事故での骨折

大腿骨近位部骨折は、股関節の近くの骨の骨折で、老人にはよく見られる骨折で...

レーザー治療が効く!?ばね指の治療法!と手指の骨折を治療?!超音波治療の効果や注意点、リハビリ方法とは

ばね指は指の腱鞘炎といわれますが、具体的にはどのような症状が出て、どのような...


スポーツ障害や膝関節変形症など…気になる症状とセルフチェック方法

    足に起こる内出血のうち、膝の内出血はほかの部位とは異なる特徴があ...

カラダノートひろば

外傷(ケガ)の関連カテゴリ

外傷(ケガ)の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る