カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 肘や腕の内側に内出血…上腕骨内側上顆炎の症状や発症しやすい人は?

気になる病気・症状

肘や腕の内側に内出血…上腕骨内側上顆炎の症状や発症しやすい人は?

 

肘や腕の内側に内出血を生じることもある「上腕骨内側上顆炎」。「ゴルフ肘」「テニス肘(内側型)」などとも呼ばれます。

 

上腕骨内側上顆炎の症状をまとめました。

  

痛む場所

肘を中心に、肘から手首にかけての腕の内側に痛みを生じます。炎症がひどいときは、熱感のある痛みです。

 

肘の上腕骨内側上顆という骨に付着している尺側手根屈筋、長掌筋、浅指屈筋、橈側手根屈筋などへの負荷が原因で発症します。

 

痛みが起こる動作

手首を内側にひねる動作で痛みが強くなります。「ドアノブを回す動作」というと、分かりやすいのではないでしょうか。物を持ち上げる時にも痛みが起こります。痛みとともにしびれを感じるケースもあります。

 

上腕骨内側上顆炎のテストでは、前腕を内側にひねる動作で痛みが生じるかを調べます。

 

内出血が起こる場所

痛みが生じる場所では、組織が損傷して炎症が起こっています。同じ部分に内出血が起こるでしょう。

 

肘の先にある滑液包に炎症が起こり、内出血に至ることもあります。滑液包に内出血の血液が溜まり、大きく腫れあがってしまう人もいます。

 

上腕骨内側上顆炎を発症しやすい人

「テニス肘(内側型)」「ゴルフ肘」ともいうように、ラケットなどを握ってボールを打つスポーツをしている人に多く見られます。ボールを打つ時に、手関節の力で打とうとすると、負荷が大きくなって発症しやすいでしょう。

 

最近ではスポーツに限らず、携帯電話、ゲーム機のコントローラー、パソコンなどを長時間使用し、手首に負荷がかかって上腕骨内側上顆炎になるケースもあります。

  

手首や前腕の内側に負担がかかっていれば、スポーツをしている人でなくても「テニス肘」「ゴルフ肘」になります。肘の内側に内出血や腫れ、痛みがあるなら検査が必要です。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肘に関する記事

腕と肘に起こる内出血の原因「テニス肘」とは?~スポーツ障害の症状~

  肘の関節に内出血が起こるスポーツ障害が、「テニス肘」です。テニス肘の原...

代表的な野球肘って?上腕離断性骨軟骨炎とリトルリーガー肘とは

  子どもの体が大きくなってくる頃というのは本格的にスポーツを始める時期でもあ...


内出血を起こす腕・肘のケガ~テニス肘やゴルフ肘の治療に使われる薬

  内出血や腫れをともなうこともある「テニス肘」や「ゴルフ肘」の治療に使わ...

スポーツ障害に多い疲労骨折!その原因と起こりやすい部位とは?

スポーツ障害の中でも重症で、完治までに時間がかかるのが疲労骨折です。疲労骨折の...

カラダノートひろば

肘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る