カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 外傷の(ケガ)の治療法や対処法!~肘関節脱臼、骨折、腰痛など

気になる病気・症状

外傷の(ケガ)の治療法や対処法!~肘関節脱臼、骨折、腰痛など

肘関節から腕にかけて内出血が生じる肘脱臼。内出血への対処法と治療の流れを段階ごとに説明します。

 

内出血への対処

肘関節の脱臼では、内側側副靭帯と前方関節包が損傷してひどい内出血を起こすケースが目立ちます。腫れや痛みも強いでしょう。内出血の量が多いと出血で組織が圧迫されたり、十分な酸素と栄養が行き届かなかったりします。

 

初期は、内出血を抑えるためにアイシングと圧迫がポイントになります。冷却によって毛細血管の血流を低下させ、内出血を止めます。あえて細胞の活動を抑えて酸素と栄養の消費量を減らす効果もあります。

 

痛みと炎症が治まったら、患部を温めて血行を良くします。損傷部分の修復と、血液が組織に吸収されやすくするのが目的です。

 

脱臼した肘関節に対する治療

肘関節脱臼の基本的な治療は、徒手整復です。徒手整復の方法は、肘関節を曲げた状態にしてから前腕をゆっくり後方に押し下げながら牽引します。比較的簡単な治療で、大部分のケースが徒手整復が可能です。

 

整復後は、ギプスなどで関節を固定した状態で安静を保ちます。固定期間の目安は1週間から3週間。肘関節の安定性をみながら、固定期間を決めます。早くから固定を解いてしまうと損傷した靭帯が再びダメージを受け、肘関節が不安定な状態になります。

 

手術が必要なケース

徒手整復を試みてもかなわず、レントゲン検査で肘関節内に骨片が挟まっていると確認された場合は手術になることもあるでしょう。肘関節を脱臼した時の衝撃で靭帯が広範囲にわたって重度の損傷を受けていると、整復後に再脱臼が起きます。その場合は、靭帯縫合手術をする可能性もあります。

 

内出血に対する処置、肘関節の整復と固定が肘関節脱臼治療の基本です。

 

腕や肘で起こる内出血の原因~肘関節脱臼

腕に重度の内出血が生じるのが、肘の脱臼です。スポーツや転倒事故など、さまざまな原因で起こりうる肘の脱臼と、内出血を起こす理由を説明します。

 

肘の脱臼が起こる仕組み

肘関節は、いくつかの関節が組み合さってスムーズな曲げ伸ばしができるようになっています。肘関節を形成する上腕骨の「滑車」と、前腕骨尺骨の「肘頭」の部分が何らかの衝撃を受けて外れた状態が、肘の脱臼です。

 

肘を脱臼する原因

転倒した際、とっさに手をついた衝撃で脱臼するケースが大部分を占めます。手のひらから肘にかけ、突き上げるような方向で衝撃がかかると脱臼を起こしやすいでしょう。体操の床運動、ラグビーや格闘技など激しい接触があるスポーツ、野球やテニスなど腕を「振り抜く」動作をともなうスポーツは、肘を脱臼するリスクが高くなります。

 

肘の脱臼に内出血をともなう理由

肘の脱臼では肘関節がはずれるだけにとどまらず、肘周辺の靭帯(内側側副靭帯)や関節包(前方関節包)の損傷も起こります。これらの損傷部分から出血が起こるため、内出血を生じます。肘か脱臼するほど強い衝撃が加わるので、組織の損傷も大きく、重度の内出血に至るケースが多いでしょう。

 

肘の脱臼で注意したい内出血

脱臼した肘部分以外にも内出血が起こるかもしれません。転倒して手を強くついたなら、手のひらや腕に内出血が見られることも。この場合、骨折によって内出血しているケースもあります。肘以外の内出血もチェックしましょう。

 

肘を脱臼しやすい人

肘を脱臼しやすい人は、成長期の子どもや成人(どちらかといえば若年層)です。乳幼児や中高年の場合、肘に強い衝撃が加わると脱臼ではなく骨折の可能性が大きくなります。

 

肘を脱臼したら、無理に動かさないことが大切です。肘が動かない、肘周辺に内出血があるなら肘を固定したまま病院へ行きましょう。

 

腰痛症の原因はおしりにあった!?おしりを柔らかくして腰痛症改善!5つのストレッチ

腰痛症の原因が、実はおしりにあった!という考え方があります。おしりの筋肉を柔らかくして腰痛を改善しましょう。

 

おしりの筋肉が大切なわけ

人間が2足歩行になり、全身の体重を2本の脚で支えなければならなくなりました。この衝撃を吸収してくれるのがおしりの筋肉です。しかし、このおしりの筋肉が硬くなっているとうまく衝撃を吸収してくれないので、そのまま腰に負担がかかってしまうのです。

 

おしりの筋肉が固くなるわけは、使わなさすぎる(運動不足)か使いすぎる(アスリートなど)事です。このおしりの筋肉をしっかり柔らかくしてあげることで、腰への負担を減らしてあげるという考え方です。

 

おしりの筋肉のストレッチ

おしりの筋肉を柔らかくする方法として、ストレッチをして筋肉を伸ばして血行を良くします。

 

・仰向けで膝抱え

①脚を伸ばして仰向けになります

②片方の脚の膝を曲げて、両手で抱え込んで胸につけるイメージで引き寄せます

③曲げている方のおしりの筋肉が伸びていることを意識します

 

・仰向けで足抱え

①足を伸ばして仰向けになります

②片方の足の足首あたりを持って胸の方に引きつけます

*伸ばしている方の足も膝が多少曲がってもOK

*おしりがしっかりと伸びていることを意識。

*座ったままでもできます

 

・脚を倒すストレッチ

①足を伸ばして仰向けになります

②片方の脚の股関節と膝関節を90度くらいに曲げる

③曲げた脚を伸ばしている方の脚の上に倒す

*腰をひねらないように、あくまでもおしりが伸びていることを意識

 

・脚を組んでストレッチ

①脚を倒すストレッチの状態で、伸ばしていた脚を、曲げて倒した脚の上に組んで、更に倒す

②脚の側面からおしりにかけて伸びているのを意識する

 

・股割り

①膝を伸ばして座り、脚を出来るだけ開きます

②そのままゆっくりと体を前方に倒します

*反動は付けないように行いましょう。

 

腰回りだけでなく、その下の土台から改善することで予防効果も期待できます。

 

転倒が原因の骨折に多い!上腕骨近位端骨折のリハビリテーション

転んで肘をついた。肩から転んでしまった。なんだか痛いし、腕が上がらなくなってしまった。それは上腕骨近位端骨折かもしれません。リハビリテーションでしっかり直しましょう。

 

上腕骨近位端骨折とは

上腕骨とは、肩から肘までの間の骨のことです。近位端は上腕骨の体に近い部分、すなわち肩の関節の腕側の骨ということになります。転んで腕をつくと、肩関節に強い力がかかるのでこの部分が骨折するのです。中高年で骨粗しょう症の方に多いです。

 

上腕骨近位端骨折の治療

手術治療

人工骨頭置換術と整復固定術のどちらかが行われます。人工骨頭置換術は、肩関節に人工の骨頭を埋め込む手術です。整復固定術はずれた骨を正常な位置に戻して、ピンなどで固定する方法です。

 

保存療法

三角巾とバストバンドと呼ばれるバンドで、体に腕を密着させて固定します。

 

上腕骨近位端骨折のリハビリテーション

人工骨頭置換術

・どのような方法で手術したかによって、リハビリテーションの開始時期が変わってきます

・術翌日から手指、手首、肘は自動運動を行います

・浮腫の予防のため、臥位の時はなるべく心臓より上にあげたり、マッサージをします

・術後1週ころから、90度お辞儀した姿勢で腕を垂らしたり(下垂運動)、そのまま体を揺らして腕を振り子のように動かす練習(振り子運動)をします(自分で方に力は入れません)

・術後2~4週ころ(主治医の指示に従って)から理学療法士や作業療法士といったリハビリテーションスタッフに介助してもらいながら自動運動を行います。

・術後5~6週頃から自動運動を行います。

・禁忌の動きもあるので、主治医やリハスタッフに都度確認しながら行います。

 

整復固定術

・術翌日から、手指、手首、肘の自動運動、下垂運動、振り子運動をします

・術後2~3週で介助してもらいながらの自動運動

・術後3週位で自動運動を開始します

・骨のつき具合を都度確認しながら行います

 

保存療法

・受傷後1週間くらいから下垂運動、振り子運動を行います

・受傷後6週間くらいで骨がつくので、自分で上げる運動から始めます

・関節や筋肉が硬くなっている場合は、温めて柔らかい状態にしてから動かしていきます

 

毎日リハビリテーションを続けることが、骨折が治るだけでなく、不自由なくスムーズに動かせるように治るための重要なポイントです。主治医、リハスタッフの指示を守って、マメにリハビリをしましょう。

 

スポーツ障害にならないための予防法 ○○ストレッチで柔軟性をアップさせよう!

スポーツ障害の予防に効果が大きいのが、ストレッチです。スポーツの前後にストレッチを入念に行えば予防できるスポーツ障害はたくさんあります。ストレッチとスポーツ障害について述べます。

 

ストレッチの意義

ストレッチはスポーツの前に行うか、後に行うかで目的が少し違います。スポーツ前のストレッチは筋・腱・靭帯の柔軟性を高め、スポーツ中に受ける衝撃を上手く吸収したり逃がしたりすることができます。

筋肉などがこわばったままスポーツを行うと瞬発力や平衡感覚の発揮、姿勢保持や体位変換がスムーズにできないかもしれません。

バランスを崩して無理な姿勢になったり、思わぬ負荷がかかったりと、スポーツ障害のリスクが上がります。

 

スポーツ後のストレッチには血行を良くして疲労物質の代謝を促進し、受けたダメージからの回復を早める効果があります。もし損傷している筋肉や関節があれば、ストレッチの際に違和感や痛みを生じるでしょう。

ストレッチは、スポーツ障害の前兆に気づくきっかけにもなります。

 

ストレッチを行う際の注意点

すでに痛みや違和感がある場合は、ストレッチによって炎症が悪化するかもしれません。ストレッチをせずに病院で受診しましょう。

勢いや反動をつけてストレッチをすると、筋肉を傷めてしまいます。深く呼吸をしながら、ゆっくり筋肉をほぐしましょう。

 

念入りなストレッチが必要な部位

負担がかかりやすい関節や筋肉周辺のストレッチは、特に重要です。股関節、膝、足首など下半身のストレッチは、姿勢保持に効果的で、ジャンプの着地などでかかる負荷を分散・吸収する助けにもなります。

 

ストレッチには、ダメージが蓄積して起こるスポーツ障害の予防はもちろん、突発的なケガからも身を守る効果があります。日ごろからストレッチで柔軟性を養っておきましょう。

 

5mm以上切断された末梢神経の再生が可能に?!『人工チューブ』とは

体の末梢神経は、外傷などが原因で切断・切除された場合、これまで切断された間隔が5mm以上あると、つなぎ直すことが不可能とされていました。しかし、京都大再生医科学研究所が開発に成功した人工チューブを利用すると、切断された神経が周囲の組織に邪魔されずチューブ内を伸張し、神経が再生することが確認されています。また、切断された神経だけでなく、外傷後余分な神経が伸長することで激痛が生じる『灼熱痛』の治療にも効果があるとされています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

神経再生治療の詳細について

<神経の構造とは?>

神経細胞の構造としては、主に樹状突起(先端部分)と軸索(線維部分;直径0.5~20μm、坐骨神経などは長さ1m程度)から構成されています。神経には2種類あり『有髄神経線維』『無髄神経線維』があり、有髄神経線維では軸索の周りを髄鞘と呼ばれる脂質(電気的に絶縁性が高い)によって皮膜され、情報伝達の早い跳躍伝道を可能にしています。

 

<神経再生のプロセスとは?>

通常、以下のような順序で神経再生が行われます。

1)軸索を切断すると、切断後2~3日後に髄鞘が壊れ、やがて消失する(ワーラー変性)。

2)切断が神経細胞より遠位端で行われ、神経の損傷が少ないときには、1週間程度でシュワン細胞増殖が見られる。

 

<なぜ5mm以上の切断では再生できなかった?>

末梢神経は脊髄などの中枢神経と異なり、切断されても縫合などにより再生し、機能が戻ることが知られています。しかし、事故などによる切断や損傷を受けた場合、5mm以上の神経幅の損傷になると、自然治癒は難しく、外科手術(自家神経移植や神経縫合)が行われてきました。

 

また、この外科手術にも以下の2点に問題がありました。

 

◆『自家神経移植』

患者自身の他の健常な部位から神経採取が必要で、患者に負担がかかる。また長さや太さが合致せず、術後も機能しない場合が多い。

 

◆『神経縫合』

術後に灼熱痛と呼ばれる知覚異常3~5%に起こる可能性がある(激痛により、精神破壊に繋がる場合がある)。

 

<生体内吸収性を持つ人工チューブとは?>

今回開発された人工チューブは、上記の合併症を防ぐことを目的とされ、周囲組織が入り込まず、神経再生に必要な栄養血管を誘導できる構造として作られました。

 

◆『ポリグリコール酸(PGA)縫合糸による人工チューブ』

内部に体外培養したシュワン細胞やエラスチン、コラーゲン等を含むゲルをシリコーン・チューブに詰めたもので、断裂していた神経は、チューブ内で再生し、チューブ自体は、3ヶ月程度で分解・吸収される素材でできています。(東洋紡が開発した『神経再生誘導チューブ』では、84.2%の知覚回復効果が認められ、長さ20mm超の神経損傷にも有効であると言う報告がある。)

 

治療の症例について

以下の症例が報告されています。

 

◆左太ももの運動を司る神経を2.5cm切り取った60代の女性(京都府立医大)

【術後の状態】患者の神経は順調に再生し、数ヵ月後に退院した後は歩けるまでに回復した。

 

◆右手人さし指と中指を完全切断し、神経接続が困難となった50代男性

【治療の詳細】各損傷部位に2cm、1.3cmのチューブを移植(京都府立医大救急医学教室)

【術後の状態】徐々に指先の感覚が戻るとともに痛みがなくなり、1ヶ月後には人さし指の神経が完全に接続されたことが確認。

 

⇒電気生理学的に神経がつながったことが証明され、患部に血流が回復して体温が戻ったこともレーザー血流計などで明らかになった。

 

⇒また、上記以外にも痛みの後遺症への治療など7例(京都府立医大)、や22例(稲田病院)の移植例が報告されている(2007年時点)。

 

最後に

人工神経が適用される損傷部位の長さは、2007年時点で3cm程度と報告されていますが、今後はチューブ内に細胞を組み込んだり、iPS細胞を利用した技術により、延伸が可能とも言われています。今後の動向に注目したいところです。

 

医療用ではない「着圧ストッキング・スパッツ」には、血流障害の危険性がある?

下肢静脈瘤の治療を目的として開発された、「医療用弾性ストッキング」は非常に強い着圧が加わるタイプのストッキングですが、医療用であるため脚の部位ごとに適度な圧力になるよう計算されて作られたものであるため、通常の使用においては血流障害が起きることはないとされています。

 

しかし、医療用に指定されていない一般の「着圧ストッキング」や「着圧スパッツ」は、脚の血流を改善の効果があると説明されているものの、脚の動きに従った構造に設計されていないため、安全性のガイドラインを大幅に超えた圧力が計測される事例が報告されています。

 

そのため、医療用と同じ加圧表示(hPa)がある商品でも、物によっては血流障害を起こす可能性があり、注意が必要です。

 

着圧のメリット・デメリットについて

着圧は運動のパフォーマンスを向上させる反面、鬱血を招くというデメリットがあります。

 

■メリット

適度な圧は、皮下脂肪の揺れを抑えて筋肉にかかる負担を軽減できるため、パフォーマンスが向上する。

 

■デメリット

40hPa以上の圧になると顕著な血流障害を招き、大腿部や膝のうっ血状態を招く。

 

<40hPa(=30mmHg)以下の圧力なら問題はない?>

40hPa(※)以下の圧力であれば、表面にある静脈は圧迫されてつぶれた状態になるものの、深部にある動脈は血管壁が厚いこともあり影響が少なく、勢い良く四肢末梢部へ流れるために血流障害になることはないとされています。

 

ただ、着用によって何らかの違和感がある場合には医師への確認が必要になります。

(※40hPaとは、おおまかな目安としては靴下8枚を重ね履きしたくらいの圧力)

 

非医療用スパッツの加圧の度合いは?

医療用の弾性ストッキングの圧力は足首圧27~40hPa(≒20~30mmHg)が平均値となっています。ただ、医療用ストッキングでは足首が最も圧力が高く、上肢に向かうに従って低圧力となるため血流障害とはなりませんが、一般の加圧ストッキング・スパッツは上肢に向かうほど圧が高くなるものも売られているため、血流が悪化する場合もあるといわれています。

 

以下は、国民生活センターの調査による、一般の通販サイトで購入した女性用のスパッツ10銘柄の、最大圧力数値(※立位の状態において)についてです。

 

■医療用の弾性ストッキングの最大圧力

・もも(14hpa)

・ひざ(13hPa)

・ふくらはぎ(24hPa)

・でんぶ(18hPa)

 

■非医療用スパッツの最大圧力

・もも(31hPa)

・ひざ(21hPa)

・ふくらはぎ(28hPa)

・でんぶ(25hPa)

 

<姿勢による、圧力の違いは?>

 

■「しゃがむ」姿勢

・ひざ(40hPa以上:10銘柄全て)

・ふくらはぎ(40hPa以上:7/10銘柄において)

⇒立位と比べると、圧力は約3~6倍程度に増加した。

 

■「椅子に座る」姿勢

・ひざ(弾性ストッキングと同等かそれ以上:5/10銘柄)

 

最後に

このように、膝を曲げた姿勢では特に血流障害が起きやすくなります。あまりにも圧が高いと感じた場合には、使用を中止することも検討しましょう!

 

子どもの腰痛と言ったら、腰椎分離症!どんな症状が起こっている?

10代の成長期に、腰の痛みを訴える疾患があります。

特に成長期の子どもの場合、大人のように長い間体の歪みが蓄積されて腰痛を生じるということはほとんどなく、子どもの腰痛といったら腰椎分離症という疾患がまず疑われます。

 

腰椎分離症って?

腰椎分離症とは腰の脊椎の後ろに位置する関節の間で、腰椎が分離してしまうことで起こるもので、過度の運動によって腰の疲労骨折が治らないままで分離してしまったり、腰椎に亀裂が入り、そこに負荷が長い間で蓄積して分離してしまったりして起こります。

基本的にはスポーツにおける腰の回旋で起こるものですが、生まれつきの場合もあります。

 

どんな症状?

腰椎分離症の症状は以下のようなものです。

・腰を反る、ひねるなどしたときの腰痛の増強

・初期は腰痛の程度が強く、持続する

・長期間同じ姿勢でいると腰痛が増強

・背中を反らす、腰かける、立つ、歩くなどの連続した動作で腰痛が増強

・まれに下肢の痛み

基本的には広く見られる腰痛と症状は変わりません。

また、生まれつき分離がある場合には比較的に短期間に腰痛がとれてしまいます。

また、疲労骨折による分離が起こっている場合には、分離が発生しはじめの初期に症状が強いですが、この時期に疾患が発見されればスポーツ活動を禁止したり制限したりして、腰の動きを制限するためにコルセットを装着するなどすれば骨折が治ってしまう場合もあります。

ただ、骨折が治らないで分離したままでも腰痛はほとんど治りますが、腰椎自体は不安定な状態なので腰痛が再発する可能性もあります。

 

分離症があっても、強い痛みがない場合や日常生活に支障なく生活できる場合がほとんどのようです。小さな腰痛であれば腹筋や背筋を鍛えて腰を支える土台をつくり、腰痛予防をする場合もあります。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外傷(ケガ)に関する記事

スポーツ障害や膝関節変形症など…気になる症状とセルフチェック方法

    足に起こる内出血のうち、膝の内出血はほかの部位とは異なる特徴があ...

『横紋筋融解症』の診断基準と治療法。コンパートメント症候群とは?凍傷・外傷の予防・処置方法を知ろう!

『横紋筋融解症』とは? 横紋筋融解症とは、骨格筋が急激で大量に壊された際に...


レーザー治療が効く!?ばね指の治療法!と手指の骨折を治療?!超音波治療の効果や注意点、リハビリ方法とは

ばね指は指の腱鞘炎といわれますが、具体的にはどのような症状が出て、どのような...

損傷した場所で違う!脊髄損傷の症状 -頚髄・胸髄編・腰髄・仙髄編-!脊髄損傷でもこんなことができる!損傷レベルと日常生活

脊髄の損傷は頚髄、胸髄、腰髄、仙髄のどこを損傷したかで、後遺症も症状もかなり...

カラダノートひろば

外傷(ケガ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る