カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 水毒症 >
  5. 漢方で不快症状を治す!水毒のはなし。

気になる病気・症状

漢方で不快症状を治す!水毒のはなし。

水毒(すいどく)とは体内の水の巡りが悪く、不要な水分が溜まっている状態のこと。日本における漢方医学の特徴的な概念です。日本人はもともと「水」の病にかかりやすい体質のため、このような概念が確立されたといいます。

 

水毒を治療し、さまざまな症状の改善をめざしましょう。

 

◆ 水毒の症状 ◆

水毒が引き起こす主な症状と、水毒である場合にかかりやすい疾患には次のようなものがあります。

 

● 水毒による主な不快症状

 ニキビ、吹き出もの、むくみ

 軟便、下痢、冷え性

 耳鳴り、めまい、吐き気 など

 

● 水毒が関連する疾患

 膀胱炎、前立腺異常

 糖尿病、高脂血症、関節リウマチ

 アトピー性皮膚炎、鼻炎、喘息 など

 

◆ 水毒の診断 ◆

上記の症状にあわせて、以下のような特徴が見られる場合は水毒であると判断します。

 

・ 水太り気味でむくみやすい。

・ 唾や痰、鼻水が出やすい。

・ 風邪をひきやすい。

・ 胃内停水。

(胃の中に水が溜まっている状態、たたくとピチャピチャと音がする)

・ 舌に白いコケがついている。

 

◆ 水毒の治療 ◆

水分の排泄をよくするための生活改善を始めましょう。

 

・ 汗をかくくらいの運動をする。

・ 暴飲暴食、飲酒、喫煙を控える。

・ 水分を取り過ぎない。特に、冷たい飲み物や甘い飲み物は控える。

・ 甘いもの、濃い味のもの、油もの、刺激物を控える。

・ 海藻、きのこ、根菜、豆類など食物繊維が豊富な食材を摂る。

 

また、体質に合った漢方薬を服用するのも効果的です。

 

体質的な問題も多い水毒ですが、生活改善から治療へのアプローチも可能です。小さな効果を実感しつつ、健康維持に努めましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水毒症に関する記事

胃がポチャポチャとなりませんか?軽視してはいけない、水毒病かもしれません

ちょっと動いたときに、胃の中で水がチャポチャポと音を立てていることに気づくこ...

あなたは水分を多く摂りすぎていませんか?水分の適正量は「尿の回数」と「尿の色」を見る!

  夏は場合によっては水分を過剰に摂取しすぎてしまって、水代謝が悪くなったり、臓...


夏は水分過多に要注意!漢方医学における水毒とは?

水分過多になるとむくみが発生しがちになりますが、こうした水分過多は漢方医学にお...

五苓散や当帰芍薬散、茵蔯五苓散など…水毒病を改善するのにおすすめの漢方!

   水毒病とは水分を過剰に摂取しすぎて体の中に水分が溜まり、体が冷えたり、代...

カラダノートひろば

水毒症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る