カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 不定愁訴 >
  5. 漢方で不快症状を治す!水毒のはなし。

気になる病気・症状

漢方で不快症状を治す!水毒のはなし。

水毒(すいどく)とは体内の水の巡りが悪く、不要な水分が溜まっている状態のこと。日本における漢方医学の特徴的な概念です。日本人はもともと「水」の病にかかりやすい体質のため、このような概念が確立されたといいます。

 

水毒を治療し、さまざまな症状の改善をめざしましょう。

 

◆ 水毒の症状 ◆

水毒が引き起こす主な症状と、水毒である場合にかかりやすい疾患には次のようなものがあります。

 

● 水毒による主な不快症状

 ニキビ、吹き出もの、むくみ

 軟便、下痢、冷え性

 耳鳴り、めまい、吐き気 など

 

● 水毒が関連する疾患

 膀胱炎、前立腺異常

 糖尿病、高脂血症、関節リウマチ

 アトピー性皮膚炎、鼻炎、喘息 など

 

◆ 水毒の診断 ◆

上記の症状にあわせて、以下のような特徴が見られる場合は水毒であると判断します。

 

・ 水太り気味でむくみやすい。

・ 唾や痰、鼻水が出やすい。

・ 風邪をひきやすい。

・ 胃内停水。

(胃の中に水が溜まっている状態、たたくとピチャピチャと音がする)

・ 舌に白いコケがついている。

 

◆ 水毒の治療 ◆

水分の排泄をよくするための生活改善を始めましょう。

 

・ 汗をかくくらいの運動をする。

・ 暴飲暴食、飲酒、喫煙を控える。

・ 水分を取り過ぎない。特に、冷たい飲み物や甘い飲み物は控える。

・ 甘いもの、濃い味のもの、油もの、刺激物を控える。

・ 海藻、きのこ、根菜、豆類など食物繊維が豊富な食材を摂る。

 

また、体質に合った漢方薬を服用するのも効果的です。

 

体質的な問題も多い水毒ですが、生活改善から治療へのアプローチも可能です。小さな効果を実感しつつ、健康維持に努めましょう。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不定愁訴に関する記事

慢性疲労症候群の原因は、『逆流性食道炎』にある?その治療法とは

慢性疲労症候群(CFS)とは、原因不明の強度の疲労が長期間(主に6ヶ月以上)に...

原因のはっきりしない体調不良 不定愁訴と自律神経失調症

  不定愁訴という言葉をご存知でしょうか? 不定愁訴は病名で、自律神経失...


尿もれを老化のせいにして諦めないで!骨盤底筋体操で、骨盤底筋を鍛えて予防!

  せきやくしゃみの拍子に尿がもれた、漏れだしたら止まらなくなった、 な...

生活にアロマを取り入れて、梅雨を元気に乗り越えましょう! 梅雨時期にお勧めのアロマオイル

梅雨時期はジメジメとした湿気で何だか気持ちが悪く、天候のせいもあって、なんと...

カラダノートひろば

不定愁訴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る