カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. 老人性紫斑予防は皮膚の健康から!~しっかり摂りたい栄養素~

介護・認知症

老人性紫斑予防は皮膚の健康から!~しっかり摂りたい栄養素~

 

高齢者の皮膚に起こる老人性紫斑は加齢で起こる症状のため、治療よりも予防が大切です。皮膚が薄く、弱くなり、容易に内出血を起こすのが老人性紫斑なので、皮膚を健康で丈夫に保つことが予防になります。高齢者の皮膚を内側から守り、老人性紫斑予防に役立つ栄養素を紹介します。

 

 

ビタミンB群

ビタミンB群は皮膚の新陳代謝を促し、乾燥を防ぎます。皮膚が損傷を受けた際には回復を助けるので、積極的に摂りたい栄養素です。にんにくや鶏肉、マグロに含まれるビタミンB6は、新陳代謝を活発にします。粘膜・皮膚の健康には牛乳、緑黄色野菜、納豆に含まれるビタミンB2が欠かせません。

 

ビタミンE

年をとると血行が悪くなり、細胞に十分な栄養と酸素が行き渡らなくなりがちです。特に末梢血管は血流不足から新陳代謝が低下して肌のハリが失われます。ビタミンE には血行促進効果があるので、アーモンドなどのナッツ類、大豆製品、玄米からたっぷり摂取しましょう。

 

ビタミンC

肌を構成する主成分、タンパク質の合成に必須の栄養素です。肌の弾力性を左右するコラーゲンの生成にはビタミンCが必須です。緑黄色野菜や果物からビタミンCを補給できます。

 

亜鉛

肝臓でタンパク質を合成するために亜鉛が必要です。爪や髪、皮膚がパサつくのは亜鉛不足が影響しているかもしれません。豚肉や牛肉、カキなどの貝類で亜鉛不足を予防しましょう。

 

「鉄欠乏性貧血」が起こるように、血流と鉄分には深い関係があります。貧血の人は皮膚の新陳代謝が不活発になるので、ほうれん草やヒジキ、レバーからの補給をお勧めします。

 

 

これらの食品を食べ、すぐに皮膚が丈夫になるとは限りません。しかし継続して食べれば、老人性紫斑をはじめとする皮膚トラブルを防ぐ助けになるでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/08-348798.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

認知症の問題行動、異食! 異食をする高齢者への対処法

認知症の高齢者が起こす問題行動に、異食があります。健康を害す危険もある異食を防...

認知症の問題行動と対処法~オムツ外し・弄便!排泄のケアはデリケート…どうしたらいい?

  認知症の高齢者を介護している家族にとっては、排泄のケアが大きな問題です...


床擦れによる赤みが見られたら、2時間ごとの体位変換が必要

      床擦れ対策は2時間ごとの体位変換が必要   寝たきりの方や...

スマホ依存症が増えている?!スマホの普及で増加中の「デジタル認知症」の原因とは

  「デジタル認知症」という言葉があるのをご存知でしょうか。テレビや雑誌で...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る