カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の症状 >
  5. 血管が損傷して内出血に至る?!老人性紫斑症の典型的な症状について

介護・認知症

血管が損傷して内出血に至る?!老人性紫斑症の典型的な症状について

 高齢者に起こりやすい老人性紫斑。大きな紫斑(青アザ・出血斑)が生じるため、驚いて病院へ行く人もいるようです。

典型的な老人性紫斑の症状を知り、慌てないようにしましょう。

 

自覚症状

本人も気づかない程度の衝撃(体をぶつける、皮膚に生じる摩擦、腕などをひねる)で血管が損傷して内出血に至るため、アザができているのを見つけて初めて気づくケースが多いでしょう。まれに血管が損傷する時に鋭い痛みを感じる人もいます。

 

内出血を起こしてもほとんど痛みませんが、大きな紫斑ができた場合は、腕に違和感や圧迫感をもつこともあります。

 

紫斑の様子

いびつな形の紫斑が生じます。紫色のインクをこぼしてできたようなシミに見えるでしょう。血管の損傷部分が塞がるまで時間がかかり、かなり大きな紫斑になることもあります。

 

色は血液の赤色から始まり、血液中のヘモグロビンが時間とともに変化して青色から青紫色を呈します。さらに時間が経つと、黄色がかった緑色や茶褐色に変色して、やがて消滅します。老人性紫斑の発症から消滅までは1ヶ月近くかかるのが一般的です。

茶色っぽい色素が皮膚に残り、数ヶ月消えないケースもあります。これは血液中のヘモジデリンという成分が沈着するためです。

 

好発部位

刺激を受けやすい(ぶつけやすい、ひねりやすい)部位には老人性紫斑が頻発します。最も多い部位が手の甲から前腕にかけてです。顔や下肢(特に脛)も好発部位です。

 

健康への影響

老人性紫斑は病気でなく、加齢現象の1つです。健康に及ぼす影響はありません。痛みがある場合のみ、痛み止めの服用などが必要です。治療法はなく、皮膚や血管を丈夫に保ち、衝撃をできるだけ受けないようにする予防策の方が重要です。

 

老人性紫斑ができるようになったら、皮膚や血管が衰えている印です。皮膚トラブルや血管障害にも注意しましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

高齢者の身体の症状に関する記事

リハビリを受ける前に 自分がどの分野で受けたらいいかを知ろう

  リハビリテーションは、単なる機能回復ではなく、自分らしく生きるための活動をす...

身体能力が低下することが原因?高齢者の転倒事故と内出血

  高齢者が内出血を起こす原因で多いのが、転倒によるケガです。軽い打撲によ...


血管の老化度をセルフチェック!!老人性紫斑の原因は○○だった

ささいな衝撃で内出血を起こして紫斑が生じる老人性紫斑は治療が必要な病気ではなく...

「老人性紫斑」と「ステロイド紫斑」の症状の違いは?高齢者の内出血症状

  体をぶつけた覚えがないのに紫斑を生じた高齢者がステロイド外用薬を使用し...

カラダノートひろば

高齢者の身体の症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る