カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 突き指で指の関節が曲ったまま伸ばせない!~突き指の症状と槌指の原因と仕組み~

気になる病気・症状

突き指で指の関節が曲ったまま伸ばせない!~突き指の症状と槌指の原因と仕組み~

 突き指など指のケガに、関節が伸びなくなってひどい内出血が見られる「槌指」という症状があります。槌指はなぜ起こるか、原因をまとめました。

  

槌指になる原因

槌指とは、指の関節が曲ったまま伸ばせなくなり、槌(ハンマー)のように変形する症状です。指が上方向に反ったように変形するのが特徴です。関節が延ばせなくなるのは、指を伸ばすための腱が断裂している(腱性マレット)、関節を骨折している(骨性マレット)かのどちらかが原因です。手指、足指のどちらにも起こりうるケガです。手指では「ハンマーフィンガー」、足指では「ハンマートゥ」とも呼ばれます。

 

槌指で内出血が起こる理由

槌指では、骨折か腱の断裂が起こっているため、内出血が起こります。骨折した部分が周囲の組織を傷つけ、かなり重度の内出血をともないます。槌指では指の変形とともに、腫れの強さと重度の内出血が1つの判断基準になります。

 

槌指の原因になる受傷原因

手指の場合、スポーツ中の突き指が、受傷原因の中でも多いでしょう。特に野球のキャッチャーは、捕球時に槌指を生じるリスクが高くなっています。ソフトボール、バスケットボール、バレーボールなど球技は、いずれも槌指に注意が必要です。

具体的には、指先から第一関節に向かって屈曲方向の力がかかると腱の断裂や骨折が発生して槌指になります。スポーツ中以外でも、転倒してとっさに手をついた時などに槌指を生じます。

足指でも、サッカーやジャンプの着地時、バレエ、格闘技など足への衝撃をともなうスポーツの際に槌指になります。足指では、第二関節が変形します。家具に足をぶつけた衝撃でも発症します。

  

さまざまな場面で槌指の危険があります。受傷後に指を伸ばせなくなったら、槌指を疑ってください。

 

槌指は治療とともに回復段階に応じたリハビリが大切!~指関節の内出血を生じるケガ~

スポーツ中の受傷で発症しやすく、指関節の内出血をともなう槌指では、治療とともに回復段階に応じたリハビリが大切です。受傷直後から回復段階ごとのリハビリについて説明します。

  

受傷直後~(急性期)

内出血と腫れ、痛みが強い急性期においては、リハビリよりも応急処置と適切な治療を重視します。内出血と腫れがひどい時期なので、「冷却・固定・圧迫」の基本的な内出血に対する処置を行います。ただし固定を保ち、患部に負担がかからない状態なら上肢を軽く動かす程度のリハビリテーションを軽めに実施できるでしょう。

  

受傷後3~6週

新たな内出血が起こらず、腫れと痛みが治まってきたら患部の固定を外して安静期間が終了します。受傷と固定によって指関節の可動域が狭くなっている場合もあるため、物を軽く握る、引っ張るなどの動作で可動域を広げるためのリハビリに取り組みます。

  

受傷後4~8週

指関節に少しずつ負荷をかけ、筋力強化を行います。ゴムボールのような柔らかくて弾力性があるものを握るのが、主な方法です。チューブや輪ゴムの弾性を利用して指に負荷をかけるリハビリも一般的です。

槌指によって筋力が衰えているのは患部だけに限りません。患部周辺の関節や筋肉も影響を受けています。ほかの指も含めた関節の屈伸運動が欠かせません。

  

受傷後8~12週

患部に強い衝撃が加わらないよう注意しながら、さらに負荷を強めます。スポーツの再開も可能です。再発を予防するため、指にテーピングやサポーターを装着するのがお勧めです。

  

スポーツをしている人は早期の復帰を目指すあまり、リハビリの段階を飛ばして行いがちです。しかし回復度合いを無視したリハビリは、かえってスポーツへの復帰を遅らせる危険があります。腫れと内出血、痛みの程度を目安にして、段階をふんだリハビリに励んでください。

 

骨折、打撲、捻挫、脱臼…内出血がひどい場合は病院へ!~突き指の症状~

「突き指」とひと言でいっても、その症状は多様です。適切な治療をするため、知っておきたい突き指の症状をまとめました。

 

「突き指」に含まれるケガ

骨折、打撲、捻挫、脱臼…ケガの原因が「衝撃で指を突いた」であれば、これらはすべて突き指に含まれます。つまり「突き指をした」場合、骨折であるか捻挫であるかによって、症状や対処法が全く異なります。

 

基本的な症状

突き指の中で多いのが、打撲や捻挫です。これらの突き指では、強い痛みと関節の腫れが生じます。内出血をともなうことも多く、痛めた関節周辺に出血斑がみられるでしょう。

 

要注意の症状

次のような症状がある突き指では、骨折や脱臼などの重傷の可能性が高いので注意してください。

 

◆指関節の変形が外見上でもわかる

明らかに関節の曲り方がおかしかったり関節が変形しているなら、骨折や脱臼をしているかもしれません。

 

◆槌指

第一関節が反るように曲がったまま戻らない症状を「槌指」といいます。槌指の部分で腱の断裂(腱性マレット)か骨折(骨性マレット)が生じているでしょう。骨折の場合、ずれている骨の部分を戻すための手術が必要になります。

 

◆重度の内出血

腱の断裂や重度の靭帯損傷、骨折をしていると、多量の内出血が起こります。内出血とともに、関節のひどい腫れもみられるでしょう。出血斑も関節周辺だけではなく、指全体に広がることがあります。

 

◆親指の付け根

親指の付け根の脱臼は整復が難しく、治療が困難で長期化する傾向です。靭帯を損傷した場合も、手術が必要になるケースが多いでしょう。親指の突き指では自分で症状を判断せず、まずは検査を受けた方が安心です。

  

突き指の中には、手術が必要なケースもあります。症状を軽く見ると後遺症が残る危険もあるため、患部をしっかり観察してください。

(Photo by:http://www.ashinari.com/2009/03/04-014874.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外傷(ケガ)に関する記事

スポーツする人の足に起こりやすい?爪や足裏の内出血の原因・治療法とは?内出血で知る足首捻挫の症状について

爪の下に内出血が起こり血の塊ができる「爪下血腫」は、スポーツをする人の足に多...

レーザー治療が効く!?ばね指の治療法!と手指の骨折を治療?!超音波治療の効果や注意点、リハビリ方法とは

ばね指は指の腱鞘炎といわれますが、具体的にはどのような症状が出て、どのような...


外傷の(ケガ)の治療法や対処法!~肘関節脱臼、骨折、腰痛など

肘関節から腕にかけて内出血が生じる肘脱臼。内出血への対処法と治療の流れを段階...

スキーやスノボーで注意!頭や首の外傷&強打!脊髄損傷の救急処置や治療、ケガをしないために!

スキーやスノボーは根強い人気のあるスポーツです。 天然の雪以外にも、草スキ...

カラダノートひろば

外傷(ケガ)の関連カテゴリ

外傷(ケガ)の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る