カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. γ-GTP >
  6. 肝機能のためには絶対に知っておくべきγ-GTPとは?

健康診断・健康管理

肝機能のためには絶対に知っておくべきγ-GTPとは?

 

肝臓機能を表す健康診断の数値にはALTやASTなどがありますが、その中でも特に解毒作用に関係している数値がγ-GTPです。

γ-GTPとはどんなものなのか、どれくらいの数値で肝機能に影響を及ぼすのかを見ていきます。

 

●γ-GTPは100越えに注意

γ-GTPは解毒作用に関係する酵素でガンマジーティーピーと読み、肝臓及び胆管の細胞が死ぬと流れ出します。

つまりγ-GTPが血中に大量にあるということは肝臓及び胆管の細胞がたくさん死んでいるということにもなるのです。

正常値は男性で10-50、女性で9-32、注意したいのは100を超えるγ-GTPです。

なお、500以上の場合にはアルコール性肝炎、閉塞性黄疸などの危険性も疑われます。

 

●注意したい脂肪肝

γ-GTPの数値が高いときに疑われやすい病気の代表が脂肪肝で、特に男性の場合にはアルコール性脂肪肝の危険性があります。

男性は女性に比べると付き合いなどで飲まざるを得ない方、お酒が好きな方が多いと言われており、2000年の調査の結果ではアルコール依存症の男女比は5:1となっています。

中年になって肝機能が弱っているにも関わらずアルコールを飲むのが好きな方の場合はアルコール性脂肪肝に要注意です。

 

●自覚症状はほとんどなし

いくらγ-GTPの値が高くなっても自覚症状が出ることはほとんどありません。肝臓自体が沈黙の臓器と言われるほど無自覚なまま病気が進む臓器です。

γ-GTP値が500を超えて黄疸が出るほどになると全身のだるさなどの症状が出るケースも見られますが、それ以下だとほとんど症状はないので検査値に気をつけましょう。

 

肝臓機能の内、解毒作用と深くかかわっているのがγ-GTPで、γ-GTPが100を超えている場合には肝臓や胆道の細胞が通常よりもあまりにも多く死んでいるということになります。

肝臓、胆道の健康のためにγ-GTP値はしっかりチェックしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/29-362744.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

γ-GTPに関する記事

γ-GTP値を下げるオルニチンやスルフォラファン

  γ-GTPと聞いてそれが何を表すのかを知っているのは、お酒が大好きな人...

γ-GTPの数値が高い!悪化すると死に至る場合もある脂肪肝について

  健康診断などでγ-GTPが高かった人は、自分自身の食生活やお酒を飲む習...


タウリンはγ-GTPを下げるだけではない!?

  お酒をたくさん飲む人にとってγ-GTPの値が高いのは悩みの種ではないで...

γ-GTPと脂肪肝の関係について

  γ-GTPの値は肝臓における何らかの異常を指し示す重要な値の一つです。...

カラダノートひろば

γ-GTPの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る