カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 1日3分で顔痩せ!丸顔が気になる方に…造顔マッサージを知っていますか?

美容・ダイエット

1日3分で顔痩せ!丸顔が気になる方に…造顔マッサージを知っていますか?

 

女優さんの間でも話題になっているのが造顔マッサージというものです。

「1日3分で顔痩せして小顔になる」といったふれこみで話題になった造顔マッサージを見ていきましょう。

 

造顔マッサージは強めのマッサージ

造顔マッサージは足裏マッサージの顔版と言われるくらい強めのマッサージです。しっかり圧力をかけて行うことがひとつのポイントとなっているくらいで、人によっては最初のうちは痛みを感じる方もいるようです。

 

顔の皮膚が薄い部分にはしっかりとマッサージクリームを塗るか、様子を見て時々造顔マッサージを休むようにした方がよいでしょう。

 

<頬の造顔マッサージ>

造顔マッサージはおでこ・目など本来は順番にやるものとなっていますが、ここでは簡易的に頬の造顔マッサージを紹介します。

 

1.クリームを塗った後、指の腹の部分を顎下に当てる

2.口の横を通って鼻の横までマッサージ

3.鼻の横から目頭までマッサージ

4.力を入れずに目の下から顔の端まで真っ直ぐマッサージ

5.フェイスラインを通って真下にマッサージ

6.顎の横から目頭に向かって斜めにマッサージ

7.力を入れずに目の下から顔の端まで真っ直ぐマッサージ

8.フェイスラインを通って真下にマッサージ

 

頬が元々細い人は注意!

この頬の造顔マッサージは、丸顔で頬に肉が溜まりやすい方にお勧めです。

 

元々面長で頬が細い、体全体に比べて頬肉が溜まりにくい方の場合は、余計に顔のバランスの悪さが目立つ可能性もありますので注意してください。その他の造顔マッサージを行った方がよいでしょう。

 

造顔マッサージはヘアメイクアップアーティストの田中宥久子さんが提唱した小顔マッサージです。たった3分で顔が小さくなるとも言われる話題のマッサージですが、少し圧が強めなので顔の皮膚が薄い方には向きません。

 

小顔マッサージに使うクリームの正しい選び方って?

マッサージに欠かせないものと言えばやはりマッサージクリームです。

というのも、もしも何もつけずにマッサージをしてしまうと、皮膚と皮膚がすれ合うことになります。

すれ合って傷ついた部分には色素が沈着しやすくなり、美容という総合的な観点から考えるとデメリットなのです。

そのため、マッサージをするならマッサージクリームを使うのが適切です。

 

●簡単なマッサージなジェルでOK

時間をかけてじっくりマッサージするときではなく、朝などに軽くマッサージするならジェルタイプがお勧めです。

ジェルの場合は浸透しやすく馴染みやすいのが特徴で、使い心地が軽めでもあります。

滑りがよいので軽めのマッサージにも向いているタイプと言えるでしょう。

 

●集中的なケアには固めのクリームを

朝のさっぱりケアとは違い、集中的にしっかりとケアしたいときには固めのクリームを使う方が良いです。

クリームはそのままつけて眠ることでナイトパックになるという魅力も持っています。

また、成分によってはそれ自体にリフトアップ効果のあるものも存在しますので注目してみてください。

ただし、クリームは塗り過ぎるとニキビが出来やすくなったりもしますので注意しましょう。

 

●マッサージ法によっては独自のクリームも

世の中にはたくさんのマッサージメソッドがあります。その中には独自のクリームをおすすめしている場合もあるのです。

そのマッサージの特徴に合わせたクリームが開発されていればそれを使うのがベストです。

 

マッサージをする時には余計な摩擦を避けるためにもマッサージクリームの使用が必須です。

マッサージクリームは特に決まりはありませんが、軽めならジェル状のものを、しっかりマッサージするならクリーム状のものがお勧めです。

成分も大事ですが、香りや手触りの好みに合わせて選ぶとよりリラックスしたマッサージタイムとなるでしょう。

 

試してみて!二重あごを解消するたった3つのエクササイズ!

太った、という印象を作るのが二重あごです。同じような体型であったとしても二重あごがあるのとないのでは大違い。

顔の印象が全体の印象に与える影響は大きいので、二重あごはできるだけ早めに解消しておきたいものですよね。

そんな二重あごを解消するためのたった3つのエクササイズを紹介します。

 

<ペットボトルで二重あご解消>

普段からよく見かけるペットボトルを使った二重あご解消エクササイズです。

 

1.ペットボトルに水を入れる(50mlくらいからスタート、慣れてきたら量を増やすのもOK)

2.首を前に90度くらいに曲げる(顔を机などと平行にするイメージ)

3.歯を使わずに唇だけでペットボトルの口をくわえる

4.ペットボトルを持ち上げて10秒キープ

5.1日3-4セット行う

 

<顎の筋肉を鍛えるエクササイズ>

二重あごの原因は顔だけではなく顎の筋力不足にもあります。効果的にあごの筋肉を鍛える方法を紹介します。

 

1.鎖骨の当たりで手のひらをクロスする

2.頭をゆっくり後ろに倒して真上を見る

3.唇と下の歯を一緒に出すように上に突き出す(顎が伸びるイメージ)

4.3-5秒キープしたら、ゆっくり1の体勢に戻す

 

<首コリ解消+あごのエクササイズ>

首と顎はすぐ近くにあり、首のコリが顎に影響することも多いです。

首コリを解消するためのエクササイズを紹介します。

 

1.手のひらで首を包んで、指が首の後ろの骨に当たるようにする

2.首を上下左右に細かく動かす

3.一番上の指を頭の骨のすぐ下まで移動する

4.首を上下左右に細かく動かす

5.一番下の指を首と肩の間のすぐ上まで移動する

6.首を上下左右に細かく動かす

 

二重あごを解消するエクササイズには顎そのものを鍛えるエクササイズ、顎から首にかけてを鍛えるエクササイズ、首コリを解消するエクササイズなどがあります。

エクササイズではありませんが、よく噛むことも二重あごの解消につながります。

 

意外と知られていない?小顔マッサージの注意点

「マッサージで小顔になれる!」という謳い文句で、様々な小顔マッサージがネットや雑誌で紹介されていますよね。「マッサージだけで小顔になれるなんて!」とマッサージを試してみるものの、効果が現れずにやめちゃう…なんていう経験はありませんか?もしかすると、その小顔マッサージは「効果を発揮するために必要な基礎」を踏まえずに行っていた恐れがあります。

 

小顔マッサージ、朝にしてませんか?

寝起きはどうしても顔がむくみがち。そのむくみを取りたいがために、小顔マッサージを朝にしているという方は多いのではないでしょうか?実は、朝に小顔マッサージをすることはとっても損しています。

 

何を目的としてマッサージをしているのかというと、血流を促進しむくみを解消することで小顔にすることですよね。朝は体内のホルモンの関係で体温が低い状態にあり、血行もよくありません。そんな時にするよりも、もっと血行の良いときに行ったほうが一層効果が得られます。ですから、朝にマッサージをするというのであれば、ホットタオルなどで顔・首をしっかりと温めて血行を良くしてからにして下さいね。

 

化粧水の後にやっていませんか?

朝の化粧水の後にマッサージをしているなんて方は、よく聞いて下さい。筋肉をほぐすように行う小顔マッサージでは、その際に肌の表面も動きますから、シワの元になります。そのシワのケアとしては、化粧水だけでは全然足りません。

 

一番お勧めなのはオイルですが、ヌルヌルするのはちょっと…なんて方はジェルやクリームなど「油分を含んでいる」ものを使うようにして下さい。 

 

小顔エクササイズに挑戦

小顔体操で肌の状態も変わる?

小顔体操は、体のように顔を引き締めるために必要です。

顔には表情筋というものがありますので、これをトレーニングすることで顔のたるみを解消してゆくすることができるのです。

 

表情筋は、ちょうど私たちのお肌のすぐ裏側にある筋肉です。日常生活ではこの筋肉はさほど使われていません。

筋肉を使わないとこわばってしまい、下にたるむ傾向があります。

 

体の筋肉もトレーニングしないとたるんでしまいますよね。

それと同じように表情筋のトレーニングとなる小顔体操は、続けてゆくことが大事です。

簡単なものでいいので、朝晩の2回行うようにします。眠っている間にも筋肉は硬くなってしまっているからです。

続けてゆくうちに効果がみられるようになると、毎日の体操タイムが楽しくなります。

 

小顔体操を行うことで、顔がすっきり見えるようになるのですが、これは顔のむくみを解消することができるからなのです。

 

むくみを解消するということは、たまった老廃物を排出するということですから、お肌がつるつるにキレイになります。

 

ただ小顔になれるだけではなく、お肌が美しくなるというのはまさに一石二鳥なのです。

 

<小顔体操のやり方>

小顔体操の仕方にはいろいろなものがあります。

簡単なものならテレビを見ながら、本を読みながらでもできます。

 

専用の道具があると便利ですが、簡単なものほど続けやすいので、

はじめはこういったタイプのもの ように 手軽にできるものから試してみましょう。

 

小顔体操のやり方にはいろいろありますが、代表的なものが口を大きくしっかり開けて

「あ・え・い・う・お・あ・お」を発音するものです。

ペットボトルの口を加えながらやるのも効果的です。

 

俳優さん達のトレーニングでおなじみのこのフレーズで、口を大きく意識して言うことで口の周りや、頬の筋肉を鍛えることができます。

また、目の周りの筋肉を鍛えるためには、目を閉じたり開けたりという動作を何度も行います。目を思い切り閉じて行うことがポイントです。

 

舌を使ってちょっとした瞬間に小顔エクササイズ♪たるんだ頬の肉やあごの肉が解消される…!?

顔や首に余計な肉がついていなくてスッキリとしている方が、その人の印象としては好印象です。しかし、顔をすっきりと痩せると言ってもどのようにすればよいのでしょうか。 

簡単なエクササイズで小顔になれる方法をご紹介します。

 

<何かのついでに『舌出し5秒エクササイズ』>

例えばトイレに行ったついでに、立ったついでに5秒間あれば顔のエクササイズができます。

1.上を向いて舌を思いっきり出す

2.そのまま5秒間キープする

*舌を思いっきり出したときに首周りの筋肉がひっぱられるのを感じられればよいです。

 

人前でやるわけにはいきませんから、一人のときや一人になったとき、何かのついでにちょっと行うには非常に手軽なエクササイズです。

 

<ちょっと時間をかけて舌回しエクササイズ>

ちょっと時間があるときにはこちらのエクササイズも試してみるとよいでしょう。

1.自分の舌先を前歯と唇の間に入れる

2.上の歯ぐきをなめるように左右どちらかから、もう一方の端までスライドさせる

3.上の歯ぐきの次は舌の歯ぐきも同様に行う

これを20周ほど行うと、かなり口周りの筋肉が疲れると思います。

 

時間がかかかると言っても1分か2分くらいで終わるものですので、手軽にできます。右まわりが何回か終わったら、今度は逆回転というようにバランスよく行います。

 

これは特にたるんだ頬の肉やあごの肉が解消される効果が期待できます。さらにこれはかなり唾液の分泌を促します。唾液がたくさん出ることは美容にも健康にもよいことで、歯茎が健康になりますし、虫歯が予防できますし、唾液に含まれるパロチンという成長ホルモンの一種は体の中で若々しさを保つ働きをしていますので、色々な方面で効果が期待できるのです。 

 

こうした方法は何かのついでにもできますし、何かをしているときにでも簡単にできますので、試してみてください。

 

(Photo by: http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美容・ダイエットに関する記事

メイクをするのはお肌に負担?化粧は老化の悪習慣となるの??

現代では、お化粧をするのも身だしなみの一つとなっており、お化粧せずに人に会う...

顎下に溜まるリンパ液が顔太りの原因だった!

顔が太って見えることに悩み、幾らダイエットをしても顔だけが痩せないということ...


平尻を骨盤の歪みから治す

  自分のおしりはきれいな丸みがあるでしょうか?日本人女性の多くは「平尻」と言...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る