カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 槌指は治療とともに回復段階に応じたリハビリが大切!~指関節の内出血を生じるケガ~

気になる病気・症状

槌指は治療とともに回復段階に応じたリハビリが大切!~指関節の内出血を生じるケガ~

 

スポーツ中の受傷で発症しやすく、指関節の内出血をともなう槌指では、治療とともに回復段階に応じたリハビリが大切です。受傷直後から回復段階ごとのリハビリについて説明します。

 

 

受傷直後~(急性期)

内出血と腫れ、痛みが強い急性期においては、リハビリよりも応急処置と適切な治療を重視します。内出血と腫れがひどい時期なので、「冷却・固定・圧迫」の基本的な内出血に対する処置を行います。ただし固定を保ち、患部に負担がかからない状態なら上肢を軽く動かす程度のリハビリテーションを軽めに実施できるでしょう。

 

 

受傷後3~6週

新たな内出血が起こらず、腫れと痛みが治まってきたら患部の固定を外して安静期間が終了します。受傷と固定によって指関節の可動域が狭くなっている場合もあるため、物を軽く握る、引っ張るなどの動作で可動域を広げるためのリハビリに取り組みます。

 

 

受傷後4~8週

指関節に少しずつ負荷をかけ、筋力強化を行います。ゴムボールのような柔らかくて弾力性があるものを握るのが、主な方法です。チューブや輪ゴムの弾性を利用して指に負荷をかけるリハビリも一般的です。

槌指によって筋力が衰えているのは患部だけに限りません。患部周辺の関節や筋肉も影響を受けています。ほかの指も含めた関節の屈伸運動が欠かせません。

 

 

受傷後8~12週

患部に強い衝撃が加わらないよう注意しながら、さらに負荷を強めます。スポーツの再開も可能です。再発を予防するため、指にテーピングやサポーターを装着するのがお勧めです。

 

 

スポーツをしている人は早期の復帰を目指すあまり、リハビリの段階を飛ばして行いがちです。しかし回復度合いを無視したリハビリは、かえってスポーツへの復帰を遅らせる危険があります。腫れと内出血、痛みの程度を目安にして、段階をふんだリハビリに励んでください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/11/25-383827.php )

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

超音波を使って手指の骨折を治療できる?!超音波治療の効果や注意点

    スポーツや作業で使う機会が多くて衝撃を受けやすく、骨が細い手指は...

爪を挟んで爪下血腫!溜まった血液の処置はどうすればいいの?~爪の内出血治療~

指をぶつける、挟むなどしてできた爪下血腫。この血腫(溜まった血液)の処置はど...


骨折、打撲、捻挫、脱臼…内出血がひどい場合は病院へ!~突き指の症状~

「突き指」とひと言でいっても、その症状は多様です。適切な治療をするため、知っ...

指が動かなくなることも!?指の腱鞘炎、ばね指の症状

手には非常に多くの骨、関節、腱などから成り立っており、とても複雑な動きができま...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る