カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 超音波を使って手指の骨折を治療できる?!超音波治療の効果や注意点

気になる病気・症状

超音波を使って手指の骨折を治療できる?!超音波治療の効果や注意点

 

 

スポーツや作業で使う機会が多くて衝撃を受けやすく、骨が細い手指は、骨折が多い部位です。そして手指を骨折すると、日常生活のあらゆる場面で不自由を生じます。かつては手指を骨折しても、自然に修復されるまで待つしかありませんでした。しかし、最近では超音波を使って治療を促進する超音波治療が注目されています。骨折の超音波治療について説明します。

 

 

超音波治療の効果

微弱な超音波を断続的にあてると、患部の細胞が刺激されて骨の癒合が促されるといわれます。前腕骨折で完治までの日数が約37日、頸部骨折では約58日も縮まったという例もあります。

骨が折れてずれ、周囲の組織の損傷がひどい重症の骨折、細菌感染をともなう骨折など治療が困難な骨折の治療には、超音波治療が奏効するといわれます。糖尿病などの持病がある、骨密度が低下した高齢者など、難治化しやすい患者への治療も有効です。

 

超音波治療の方法

毎日約20分ずつ、患部に超音波をあてます。病院で実施しているところもありますが、毎日欠かさずあてなければならないため、超音波治療気を借りて自宅で行うこともできます。

 

手指の骨折に超音波治療を用いるメリット

手指の骨折では大きな衝撃が加わって重症になりやすく、骨折部分の損傷が激しい傾向にあります。手指が使えないと日常生活で支障が大きいため、超音波治療で骨の癒合を助け、完治までの日数を短縮することは大いに意味があります。

 

超音波治療の注意点

すべての部位、あらゆる骨折の症状に超音波治療が効果を発揮するとは限りません。個人差もあり、明らかな効果がみられないケースもあります。超音波治療をしても、喫煙をしていては毛細血管の血流が悪化して新陳代謝が不活発になり、十分な効果が上がりません。

骨折による内出血は、通常の処置(初期治療では冷却と安静、回復期では温めて血行促進)が必要です。

 

 

骨折の超音波治療では、2012年から一部の症状で保険が適用されるようになりました。手指を骨折してしまったら、超音波治療の対象になるか医師に訊ねてみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/12/17-384426.php?category=288 )

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

指の腱鞘炎、ばね指にはレーザー治療が効く!?ばね指の治療法!

ばね指は指の腱鞘炎といわれますが、具体的にはどのような症状が出て、どのような...

突き指で指の関節が曲ったまま伸ばせない!~槌指の原因と仕組み~

  突き指など指のケガに、関節が伸びなくなってひどい内出血が見られる「槌指...


指が動かなくなることも!?指の腱鞘炎、ばね指の症状

手には非常に多くの骨、関節、腱などから成り立っており、とても複雑な動きができま...

野球やテニスをしている人は必見!悪いバットの握り方がばね指の原因に?

  スポーツが原因で手を酷使しすぎてしまい、腱鞘炎になることはよくあります。ま...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る