カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ジェネリック >
  4. ジェネリック医薬品ってどうなの?医者の4割がジェネリックを勧めないわけとは?

健康診断・健康管理

ジェネリック医薬品ってどうなの?医者の4割がジェネリックを勧めないわけとは?

 

2008年に日本調剤薬局に提出された処方箋を調べたところ、その4割にジェネリック医薬品への変更不可の指示があったことがわかりました。

つまり、この時点で4割の医師がジェネリック薬品を勧めていないことがわかったといっても過言ではないのです。

それにプラスして株式会社アイシェアが調査したところによれば、ジェネリック医薬品を使ったことのない理由のトップが医者に薦められないため、との結果も出ました。

 

●副作用のリスクからジェネリックを避ける医師

ジェネリック医薬品は基本的には先発医薬品と同じではあるが、添加剤などに違いが出るケースが多いです。

また、先発医薬品と完全に同等ではないということはジェネリック医薬品の知識では基本となります。

ですので、実際にヒトに投与したときに予測できない副作用が出るリスクも存在し、リスク管理でジェネリック医薬品を避ける医師も多いようです。

 

●効果に対する疑問

副作用のリスクの他には効果に対して疑問視があるというケースもみられるようです。

先述したようにジェネリックは完全に同じ薬というわけではないので効果が絶対に同じように出るとは限りません。

重篤な病気、常に管理が必要な病気の場合などにはジェネリックによって治療に影響が出るリスクもあるのです。

 

●様子を見ながら使う医師も

ただし、ジェネリックには『格安で処方を受けられる』というメリットがあります。

1回や2回の治療で終わるなら高い先発医薬品を使ってもよいかもしれませんが、長きにわたる治療では経済的な負担がどんどん大きくなります。

このことから、副作用や効果などリスクを理解したうえで様子を見ながらジェネリックを取り入れていくケースももちろんあります。

 

2008年の日本調剤薬局への提出処方箋で医師の4割はジェネリック薬品を使わない指示を出したことがわかりました。

基本的に副作用や効果へのリスクを考慮して使わない場合が少なからずありますが、治療費の経済的負担が大きい場合などは一度相談してみてもよいでしょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/28/10/04/experiment-220023_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ジェネリックに関する記事

今更聞けない!ジェネリック医薬品について

    ジェネリック薬という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれませんが、実...

なぜ安いの?安全性は?「ジェネリック医薬品」について

今では一般的によく聞くジェネリック医薬品。でも実際には「よく解らないけど勧めら...


お風呂に一工夫を!夏の快眠の鍵はバスタイム リラックスバスソルトの作り方

夏はなかなか寝苦しい夜が続き、快眠とは程遠いという人も多いのではないでしょう...

ジェネリック医薬品の統計値は信用できるの?

   ジェネリック医薬品の信頼性・安全性について知りたいと思った時にどうし...

カラダノートひろば

ジェネリックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る